お知らせ


臨時休業のお知らせです。
11月12(土曜)は休業させていただきます。
13日は午後1時からの営業とさせて頂きます。
宜しくお願いします。

営業時間のお知らせです。
平日は11時〜21時で、日曜日と祝祭日だけ11時〜20時です。
また、定休日は水曜日です。

メールアドレスを変更しました。
powerjp@ozzio.jp です。

 
パワーコープは移転しました。
さいたま市南区鹿手袋1-2-34で、電話番号は変らず 048ー866ー9557 です。
志木街道沿い、中浦和駅すぐそば。プラザホテル横、公明建設さんの敷地内で駐車スペースもあります。

 

もひとつついでに当店ホームページは現在更新していませんので、当ブログをチェックして下さい。
宜しくお願いします。

   


Pc1

|

2017年2月24日 (金)

新入荷

こんにちは、パワーコープです。

今日は大喪の礼の日だったそうですが、畏れ多くも昭和天皇崩御の日(1月7日)は忘れてましたね。
昭和は遠くなりにけり。

天皇の地位と人権に関する故三笠宮様のお言葉は非常に重いと思うのですが、アベちゃんの意向なのかあまり報道されないんだよなぁ。


本日の紹介はコレ
Image_9

中身はコレ。クリート?
SKOPREのZENシステムペダリングパワーブースターです。
Image_10

ロードシューズに当てがって
Image_11


その上からクリートを取り付けます。
Image_12


さてその効能は?
つまり、ペダリングトルクが最も弱くなる150度から210度にかけて斜め後方へ蹴り出すペダリングを実現します。
特にヒルクライムのような低回転時に効果を発揮し、ケイデンス80を維持した場合、11分走行で平均パワーが5%向上したとの報告があります。
Image_13


只今特許出願中
Image_14


シムを挟み込むのでサドルは5mm上げて下さい。
Image_15

Ciclo Armando Savieriの実験では下死点のトルクが20%向上したとの報告があります。
SKOPRE ZENスリップクリートシム
Image_16
確かに登りには良いと思う。

税抜き¥4.980です。


それではまた明日

|

2017年2月23日 (木)

お買得


こんにちは、パワーコープです。


春近しとなって各社揃って新作カタログを送ってきます。
送ってこられたら自転車馬鹿だからどうしても見入ってしまうんですよ。
やらなくちゃならん仕事が12台も溜まってるのというのにねぇ。我ながら困ったもんです。


ということで、本日は簡単にお買得ヘルメットの紹介です。
ボントレガー
Image

TREKセガフレードチームも使うバリスタアジアフイットです。
風洞実験で実証された究極のエアロロードヘルメットです。
Image_2

内臓埋込チャネルがヘルメット内部と頭上のエアストリームをコントロールしてリアダクトに流れます。
Image_3


片手で調節可能なフイットシステム
Image_4

汗は溝付き抗菌無臭パッドを通り、目に入らないので視界はいつもクリアです。
Image_5


ロックダウンストラップディバイダー軽量な上丈夫で、長さ調整も簡単です。
Image_6


フイットパッドのスペアと保存用袋がオマケです。
ヘルメットを使わない時は紫外線が当たらないよう袋に入れておく事をお勧めします。
Image_7

ボントレガーバリスタアジアフイットヘルメット
アジアフイットですから、横幅の広い方でも大丈夫です。
Image_8

定価 ¥23.000を¥13.800です。

それではまた明日

|

2017年2月21日 (火)

お買得

こんにちは、パワーコープです。


一般紙にも取り上げられてのでご存知でしょうが、埼玉行田クリテリウムのゴール前事故で死傷者が出でしまいましたね。
選手としても立哨員としてもお客様が参加されてるので心配しておりました。

アマチュアだろうとプロだろうと、どこのどんなレースでも事故は付き物です。
警察が事故の原因を調べるそうですが、誰も悪くなんかありません。
細いタイヤの2輪なんだから簡単にコケるのは当たり前。だからレースはスリルも緊張感もあるんだし。
せっかく根付いてきた大会なので、自粛という方向で今後中止にならなければいいのですが。

レースにしろサイクリングにしろ、いくら注意してたって事故る時は事故ります。嫌なら乗らずに家に居るか、ジムでマシンでも漕いでなさいとなってしまいます。

ともかく亡くなられた方の御冥福を御祈りします。合掌。

本日の紹介はコレ
ヒルクライマーのみならずシリアスレーサーからも高い評価を得ているブレーキです。
Image


SRAM REDのブレーキセットです。
プロチームもガンガン使っており信頼性抜群です。
軽量ブレーキの中には心許ない効きの物もありますが、コレは全く不安無し。
Image_2

実戦で使えるレベルまでギリギリ削ったシンプルな構造です。
Image_3

走行中でも操作し易いリーチアジャスターです。
Image_4


気になる重量はペアで262g‼️
ちなみに9100デュラエースでも326gです。
Image_5

SRAM RED ブレーキアーチセット
Image_6
税込定価¥38.124ですが、1セットのみ¥24.800です。

御決断はお早めに〜


明日の水曜日は定休日です。
宜しくお願いします。

それではまた明後日


|

2017年2月20日 (月)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。

たまに御来店頂くお客様で、日本語ペラペラなスペインの方がいらっしゃいます。
欧米人らしく自分の意見をハッキリ言われ、なあなあで済ましがちなの日本人には御尤もなお話をして下さいます。
熱心に走る方なので、逆走自転車や公道で並走するレーサー達に厳しく注意されてきたようですが、一向に好転しない現状にもう諦めたとの事です。
日本人として何とも耳の痛い話ですが、集団による恥は掻き捨て文化は先祖代々からの血なんでしょう。
反省反省。

と書いてきたところで何処やらの宗教の勧誘が来やがった。
彼奴らは何言っても自説を曲げないねぇ。自分達の信じる道こそ真実なんだそうだ。トランプ並みの頑固さだよ。
信じれば心休まる来世が約束されるんだそうだ。オメデタイねぇ。
何を信じるか、何に平伏すのかは個人の自由として保証されてますから勝手にやって下さい。
ただしそれを他人に押し付けるなって事ですよ。
忙しいのに腹立つ〜。

自転車教もあまり押し付けちゃいかんね。


心を落ち着けて本日の紹介はコレ
熱心に走られてる方にリピーターが多いBMZのキュボイドバランスインソールのニューモデルです。
BMZはソチ五輪で多くのメダリストが使用してた事でウインタースポーツ界ではメジャーなブランドです。
Image_6

見た目じゃ分からないでしょうから、
以下メーカーの説明文

足の「安定性」と「運動性」の起点となっている「立方骨」を中心にサポートすることで、足や体の骨格バランスを適正な状態へと近づける BMZ cuboid balance(キュボイドバランス)。cuboid とは立方骨のことで、この人の運動を司る上で重要な骨は、小指の付け根あたりにあります。
bmz
足の構造から考えると、「内側部」は「外側部」の上に乗る形で機能しています。また、安定性をつかさどるグループは外側部です。その外側部のアーチの中心にある骨は立方骨です。つまり、外側部のアーチの頂点に位置する立方骨を下方から支えることで、外側部のコンパートメント(土台)が安定し、その上に乗っている内側部のコンパートメント(運動部分)はさらに動きやすく、趾も使いやすくなります
cuboid calance の理論は、cuboid(立方骨)を中心にサポートする事で、足裏の内側に運動性・外側に安定性を持たせるものです。BMZ はインソールを通して cuboid balance を実現。スノースポーツから陸上競技、トライアスロンまで多くのアスリートから愛用され、我が国からもメダリストを生み出す原動力になっています。

新しい BMZ のインソールは、cuboid(立方骨)の他に踵骨(しょうこつ:かかとの骨)を支え、力の伝達率を向上させるパワー系のサイクリストにお勧めする M- Tune、そしてロングライドに最適な、つま先部分が薄く柔らかい V-Tune のふたつです。

インソールも機能パーツのひとつですが、まだまだ試していないサイクリストも多いと思います。また、インソール経験者であっても cuboid calance 理論を知らない、または体感したことがないサイクリストも多いはずです。まずは販売店の皆さんから、是非ともお試しください。その効果をご存知の皆さんは、パワーとロングライドに特化した新しい BMZ を是非ともお試しください。
Image_7


立方骨とはココです。
Image_8

この○印の部分がポイントなんです。
Image_9

今回入荷したのはロングライドに適したVチューンです。
Image_10

旧モデルですが私も毎日使ってます。
敏感な方は履いてすぐに効果が分かるとおっしゃいますよ。
Image_11

今までの様なアーチにぴったり合わせない画期的なインソール
BMZ キュボイドバランスインソール
Image_12
ロングライド用 Vチューン
税抜き ¥6.800です。


それではまた明日


|

2017年2月19日 (日)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。

冬場の北関東はいつだって何気に風が吹いております。
北に向かった昨日の300kmブルベに参加された方もそこそこ苦しまれたんじゃないでしょうか。
無事にご帰還されましたか? お疲れ様です。

ブルベだけじゃなくロングライドツーリングも人気のようで、大型バッグをお求めの方も増えてます。
学生時代に回った北海道を30年振りに走ってみたいという様なベテランの復活組もいらっしゃいまして、純粋に自転車仲間として嬉しい限りです。


本日の紹介は季節的にはまだ早いコレ
DEROSAの半袖ジャージです。
Image


モデル名はDEROSAさんらしくオールドローズ
Image_2

涼しそうな透け透けメッシュ生地です。また記録的な猛暑になるのかねぇ。
Image_3


背面です。
Image_4


製造は信頼のサンティーニです。
Image_5


3ポケットの縁は反射素材です。
Image_6


DEROSA OLDROSE 半袖ジャージ
税抜き ¥12.800です。
Image_7

ついでにお揃いのビブパンツも入荷しました。
Image_8

裾にはちゃんとDEROSAマーク
Image_9

インナーパッドはかなり厚めです。
ロングライドも楽そうだけど耐久性抜群でしょう。
Image_10


DEROSA OLDROSE ビブパンツ
税抜き ¥17.000です。
Image_11
DEROSA乗りじゃなくても御遠慮なく。

それではまた明日

|

2017年2月18日 (土)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。

思い起こせば39年前の今日、世界で初めてトライアスロンという競技がハワイで行われたんですよ。
覚えてますか?
私は知りませんでしたが。

考えてみればトライアスロンという新しいスポーツのおかげで自転車にも多くの影響がありましたね。
スコットバー(エアロバー)、前乗りフレーム、小径ホイール、エアロフレーム等々でしょうか。
トライアスロン競技が無かったらエアロバーの出現なんか相当遅れたでしょう。
酒場での思いつきで誕生した競技とはいえ、その後のスポーツ自転車界にとっては多大な影響を与える日でもあったのですね。


コレは何でしょう?
分かりますね。クロモリフロントフォークのコラム部分です。
スレッドレス、つまりAヘッド用のコラムです。
Image

このカーボンステムが付いてたんですがクイルステムに交換したいとの事で
Image_2

頑張ってネジを立てました。
Image_3

シルバーのステムとバーに交換して、クロモリに似合うようになりました。
Image_4

さて本日の紹介はコレ
近頃話題?のカーボンホイール
Image_5


SACRAのカーボンホイールです。
桜の葉があしらわれてるように日本のメーカーです。
シマノのエンジニアだった方が立上げたメーカーなんですが、開発はホイールだけにあらずバー、チェーン、ケミカル等意欲な商品を創り出してます。
シマノさんに居られただけあってパーツの解析や分析のレベルは徹底的に行われてます。
ちなみにこのホイールは最新のバイシクルクラブ誌で行われたカーボンホイールの横剛性テストでナンバーワンを獲得してます。
Image_6

クリンチャータイヤ用ですが、もちろんチューブラータイプも有ります。
最新モデルだけあってワイドタイヤ対応の25mm幅です。
さらにリム中央は27mmと膨らんだ構造としてるので、横風でも振られにくいんです。
これもちゃんと解析された上での設計ですよ。
Image_7

エアロスポークでがっちり組まれてます。
また当店調べでは各スポークのテンションの差が殆どありませんでした。
リム自体の精度と強度が非常に高い証拠であり、凄い事ですよ。
Image_8

当然後ろリムのニップル穴はオフセットドリリングされてます。
Image_10

クイックレバー、リムテープ、スペアスポーク、カーボン用ブレーキブロックが付属します。
アルミリム用ブレーキゴムで対応しますが、アルミリムとカーボンリムとを兼用するのはお勧めしません。
Image_11

SACRAさんの事はSACRA-Cyclingで検索すればすぐ分かると思います。
如何にこだわって物作りしてるか分かりますので面白いですよ。
Image_12
熱に強く、横風に強く、剛性ナンバーワン。
SACRAカーボンクリンチャーホイール
前後セット 税込¥136.000です。安過ぎ‼️


それではまた明日


|

2017年2月17日 (金)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。


春一番がやって来た翌日は再び寒い北風が吹くのが天気予報の定番となっているそうです。
早朝から走り込み予定のO田様、U川様、M上様、油断せず明日は暖かい格好で走って下さいよ。


本日の紹介は只今話題?のこんなモノ
UOMIのスマートエアポンプです。
Image


サイズはiPhone6より少し大きめくらい。
Image_2

スマートエアポンプというんだからホースが付いてます。
Image_3


電源を入れて、まずエア圧を指定します。
Image_4

タイヤにつないでもう一度ボタンを押すと勝手に指定空気圧まで入っていきます。
朝の忙しい時間だったら着替えをしてても良いし、一服してても良いし。
力も要らず、いたって簡単。
Image_5


USBケーブルによる充電一回で700Cタイヤなら3本分入ります。
ロードタイヤなら約3分半というところでしょうか。
Image_6
自宅に置いておくフロアポンプが要らなくなるね。

UOMI スマートエアポンプ
税抜き定価は¥11.500です。

|

2017年2月16日 (木)

展示会報告


こんにちは、パワーコープです。


昨日の水曜日は品川グランドホールで開催されたシマノさんのテクニカルセミナーに参加してきました。
せっかくの休みですが、プロショップにとっては外せないセミナーとあって1日3交替制でも満員だそうです。
全国7ヶ所で行われるんだからシマノさんも大変だね。
Image


例えばデュラエース9100なんかは9000とは全く違う開発コンセプトとなっており、今までとまるっきり違う組立方法を詳しく説明して頂きました。
そして興味を持たれてる方の多いバワーセンサー(メーター)の詳細や取付もレクチャーして頂きました。
ただし詳しい内容はSNSでは公開せぬようクギを刺されております。残念!
Image_2


新しいdi2の操作、組立て、ディスクブレーキ、カスタマイズ等を細かく教えて下さるのですが、惚けた頭には精一杯です。
Image_4

そしてパワーメーターと言えばコンスタントに売れるパイオニアのSGX-CA500。
もちろんシマノのパワーセンサーにも対応します。
Image_5


シマノのパワーセンサーはクランクシャフト内臓なので後付け出来ませんが、パイオニアのセンサーはお手持ちのクランクをお持込み下さればセッティングいたします。
Image_6

9100のクランクだってカンパニョーロのポテンツァにも対応しております。
Image_7

シマノを待ってもいいし、パイオニアでもいいですし。

それではまた明日


|

2017年2月14日 (火)

新入荷

こんにちは、パワーコープです。

太平洋側は概ね好天気みたいですが、山陰地方は記録的な豪雪だそうです。
松江のS川様、福井のT田様、頑張って下さい。
有難い事ですが日本各地にお客様がいらっしゃるので、天変地異には敏感になっております。
沖縄から北海道の端っこまで、一度でも通販をご利用頂いたお客様の住所は不思議な事に惚けた頭にも残ってます。


本日も沢山荷物が届いておりますが、コレでも紹介しましょう。
ボントレガーロードシューズです。
Image


プロレーサーも履くトリプルXロードシューズです。
Image_2

部位によって締めつけを調整出来る2ボアダイアルと1ベルクロシステムです。
アッパーはマイクロファイバー製で軽量でありながら伸びに強い素材です。
Image_4

ヒールカップの裏地は滑り止め付きなので、踵の貧弱な多くの日本人には有難い。
Image_5


プラチナシリーズカーボンソールはボントレガーの中で最軽量かつ最高剛性です。
Image_6

ヒールプレートは交換可能。
14とは剛性指数です。
Image_7

ボントレガートリプルXロードシューズ
税込み ¥39.900です。
Image_8


続いてはコレ
ヴェロシスロードシューズです。
Image_9


ヴェロシスロードシューズは幅広設計です。
Image_10

締めつけは1ボア1ベルクロです。
アッパーはライトニングメッシュパネル付きの合成皮革です。
Image_11


ソールはシルバーシリーズカーボン/ファイバーグラスコンポジット製です。
剛性指数は10なのでトリプルXより多少柔らかと言う事。
Image_12


幅広でロングライドに適したヴェロシスロードシューズ
税込み定価 ¥27.900です。
Image_13


明日の水曜日は定休日です。宜しくお願いします。


それではまた明後日


|

2017年2月13日 (月)

新入荷

こんにちは、パワーコープです。

土日は御台場で開催されたシクロクロス東京を観に行かれた方も多いようです。
観客が集まりやすい都心部で大規模な大会が行われるのは、選手にとっても業界の為にも有難い事です。

機材的に見ればディスクブレーキを使われてる方がかなり増えてきた印象です。
泥グチャになるコースでもないのでカンティでも大丈夫でしょうが、どちらが有利不利は決められません。
そして昨日ですか、プロロード選手会(?)が正式にディスクブレーキの採用拒否を表明しましたね。
機材メーカーに押されたUCIの再解禁に必要無しとNOを突きつけた訳であり、今後どのような展開になるか見ものです。

本日の紹介はコレ
先日サドルバッグを紹介したRESTRAP社のフレームバッグです。
Image

イギリスヨークシャーで完全防水生地を使って手作りされてます。
Image_2


内側です。仮に尖ったモノを入れても破れそうもありません。
Image_3

取付はこの位置です。
Image_5


サドルバッグに収まりきらないモノを入れたり、ちょこちょこ出し入れしたい小物を入れておくのに便利です。
Image_6

RESTRAP社 フレームバッグ Sサイズ
税込み ¥5.832です。

それではまた明日

|

«本日のお仕事