お知らせ


臨時休業のお知らせです。
11月12(土曜)は休業させていただきます。
13日は午後1時からの営業とさせて頂きます。
宜しくお願いします。

営業時間のお知らせです。
平日は11時〜21時で、日曜日と祝祭日だけ11時〜20時です。
また、定休日は水曜日です。

メールアドレスを変更しました。
powerjp@ozzio.jp です。

 
パワーコープは移転しました。
さいたま市南区鹿手袋1-2-34で、電話番号は変らず 048ー866ー9557 です。
志木街道沿い、中浦和駅すぐそば。プラザホテル横、公明建設さんの敷地内で駐車スペースもあります。

 

もひとつついでに当店ホームページは現在更新していませんので、当ブログをチェックして下さい。
宜しくお願いします。

   


Pc1

|

2017年3月25日 (土)

本日のお仕事

こんにちは、パワーコープです。

悪天候の明日を見越して今日のうちに乗っておこうという方が多かったようです。
埼玉の染井吉野は今週末ですかね。お花見ランが楽しみです。


本日はお花見に似合いそうなコレを組んでおりました。
春っぽい爽やかなカラーですね。
Image

当店ではお馴染みのロイヤルノートン号です。
Image_2

今回はカイセイ022パイプをラグレスで組みました。
Image_3


コンポは軽いイメージでシマノ105のシルバーを
Image_4

クランクは5アームにこだわってスギノを選びました。
Image_5

クイルステムはDedaムレックスで、ハンドルバーもDedaのスペチャーレです。
Image_6


DedaのアルミシートポストにSMPのHELLを取り付けました。
迷ったらHELLというくらい万能のサドルです。軽量ではありませんがお勧めですよ。
Image_7

カラーオーダーもサイズオーダーもパイプの選択も自由です。
Image_8

クロモリフレームの事なら何でもご相談ください。


それではまた明日


|

2017年3月24日 (金)

新入荷

こんにちは、パワーコープです。


プロの様に速く走れるのは天賦の才能が有って努力を怠らない方。
ところが、才能が無いのに草レース程度だとソコソコ走れるのはコツを掴むのが上手い方なんですね。

例えば速い選手のフォームやペタリングをすんなり真似出来たり、レース中に他人の力を利用するのが上手かったりするんです。
圧倒的に強い訳じゃないので、いかにして自分の土俵に持ち込むかが大事なんですね。

実はそのような方ほど実社会では活躍されてるんじないでしょうか。
反対に自転車だけでなくプロスポーツ選手としての引退後、生き方が下手な方が多いような気がします。


本日の紹介はコレ
先日アップして人気だったクランクブラザーズの携帯ポンプklicの上級モデルです。
Image

ハンドルとなるヘッド部を横にして
Image_2


中央からホースを引き出します。
Image_3


ホースを本体下部に取り付けます。
取り付けるたって、マグネット付きなので簡単に固定出来ます。
Image_4

何が上級モデルかと言うと、空気圧が測れるんです。
Image_5

米・仏バルブ対応で回して固定します。
Image_6


フロアポンプと同じ様に体重を掛けて1分のポンピングで5気圧を超えました。
Image_7

クランクブラザーズ klic gauge
Image_8
収納時長さ 260mm でフレーム固定用ブラケット付属です。

¥5.800です。

生き方が下手で貧脚な私はどうすりゃいいのかねぇ。
それではまた明日

|

2017年3月23日 (木)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。


本日もオーバーホール中です。
イタリア車ですが、BSC規格のボトムブラケットシェル内は長年手入れされてなかったそうで錆びが出てます。
Image


シャフトの回りも少し渋くなってました。
Image_2


BBフェイスを浚って、タップを立ててグリスを詰め込んでおきました。
Image_3


さて皆さんが簡単にお手入出来るのはチェーンへの注油ですね。
そこでコレの紹介です。
イギリス発のケミカル&メンテナンス・アクセサリー総合ブランドMucーoffのチェーンオイルです。
サイクル用品だけでなく、モーターサイクル、自動車、エレクトロニクス、マリンなど多岐にわたる商品をラインナップしてます。
製品開発にはチームSKYとテストを繰り返してます。
Image_4


今回紹介するのはバイオドライチェーンルブです。
摩擦とエネルギー消費量を減らすためにPTFEが含まれ、ワックス潤滑油をベースに使用してるのでドライコンディションに適してます。
優れた表面低摩擦は滑らかで静かなシフティングを実現し、汚れたベタつき、汚染物質をチェーンに引き寄せません。
Image_5


有害な酸やフロンを含んでおらず、完全に無毒。
100%生分解性で環境へのダメージも有りません。
Image_6

ウエットじゃなく、ドライにこだわる方にオススメ。
Mucーoffのバイオドライチェーンルブ
¥1.380です。
Image_7

久しぶりにスニーカーのままでパワー計測したら669W。
なんとも残念。歳かぁ。
Image_8


それではまた明日

|

2017年3月21日 (火)

本日のお仕事


こんばんは、パワーコープです。


冷たい雨の連休明け。細かい仕事を追い込んでいたらすっかり夜になってしまいました。


さて、先日調べてた資料の中に少し前のファッサボルトロチームメンバーバイクのスケルトンが有ったので懐かしく見ておりました。
ピナレロのバックカーボンドグマフレームなんですが、各選手用に全てオーダーで作ってます。
参考までにご覧ください。
まずは怒涛のスプリンター、アレッサンドロ・ペタッキ選手。
184cmでフレームサイズ540mmです。極端な短足ではなく、出来る限り短いヘッドチューブ長にする為のホリゾンタルフレーム設計という訳です。
他社ではスローピングフレームが出ていましたが、ピナレロ社はオーソドックスにホリゾンタルにこだわってたんですね。
シート長540ですが、ちゃんとトップ調は585mmです。どんだけ深い前傾でスプリントを掛けてたんだか。
Image


お次はまだまだ現役のポッツァート選手。
シート長560でトップ長はなんと590mm。確かにポッちゃんは手が長いので分かりますが、凄いですね。
Image_2

最後はオリンピックのTTで有終の美を飾り、惜しまれつつ引退したカンチェラーラ選手です。
まあ、3選手の中では一番当り前の寸法でしょうか。
Image_3


という事で本日はコレを組んでる最中です。
失礼ながらご注文をすっかり忘れていた手組みホイール🙇
Image_4


泣く子も黙るクリスキングハブ
Image_5


泣く子も黙るサピムスポーク
Image_6


泣く子も黙るエンビィの超軽量カーボンリム
Image_7

チューブラーリムでインターナルニップルなので後々振れが出ないようにしっかり組んでおります。
Image_8

手組みホイールの事なら何でもご相談ください。
Image_9


明日の水曜日は定休日です。
宜しくお願いします。


それではまた明後日

|

2017年3月20日 (月)

ピナレロ


こんにちは、パワーコープです。


先日のことですが、オダックスジャパン会長の稲垣さんがニュージーランドの大会で走行中にトラックに追突され亡くなられたそうです。
大人気のロングライドイベント、いわゆるブルベを統括してるのがオダックスジャパンさんです。
スタッフ全員ライダーであり善意のボランティアとして携わっている団体を統率されてたのが亡くなられた稲垣氏です。
ルールも運営もサイクリストの善意と自己責任で成り立つイベントな訳で、御苦労も多かったと思います。
私も昔々10数回トラックレースを開催した事があったので運営の大変さは良く分かるんです。
会長ご自身もまだまだ走りたかったでしょうね。御冥福をお祈りします。

本日はまたまたピナレロさんからのお知らせです。
F8からさらに軽量化し、剛性アップして、空気抵抗を減らし、まったくどこまで進化するんだと思わせる新型ドグマF10のカラーバリエーションが発表されました。
3月21日から受注受付いたします。
167 BLACK LAVA 国内在庫色
Image

166 RED MAGMA 国内在庫色
Image_2

905 Team SKY 国内在庫色
Image_3


170 BOB 国内在庫色
Image_4

165 Sideral White受注発注
Image_5


168 Sulfur Yellow 受注発注
Image_6

169 Aeteroid Red 受注発注
Image_7


906 Team WIGGINS 受注発注
Image_8


909 RHINO 2017 受注発注
Image_9

いずれも税抜き定価 ¥625.000です。

それではまた明日

|

2017年3月19日 (日)

本日のお仕事


こんにちは、パワーコープです。

生中継が無かったので後追いで見ましたが、なんだかんだ2位のサガン選手が一番強かったですね。
(昨夜のミラノ〜サンレモね)
7回も勝ったメルクス選手を思い出させるパワフルな登り方は見応えありました。

また、完走者の中ではブービーになってしまったけど内間君も頑張りましたね。
今後の糧となる素晴らしい経験となったでしょう。


お客様がたが3連休を楽しまれてる中、私はこんなのを組んでおりました。
先日紹介した限定バージョンのTIME
Image


サイロントリコロールです。
Image_2


コンポーネントは新型デュラエースで、クランクにはパイオニアのパワーセンサーを取り付けました。
Image_3


リアディレイラーはノーマルでも最大30Tに対応してるので、最強プロから貧脚の私にも嬉しい設計です。
Image_4


フロントディレイラーも大変身。少ない力でスルッとシフトアップします。
まあ良く考えられてます。
フロントに関しては他のメーカーは当分追いつかないね。
Image_5


STIレバーはますます小振りになり、リーチも短くなって手の小さな方にも使い易くなってます。
Image_6

少ない入力でガツンと効くブレーキ。
プロ選手がディスクは要らないって言うのも分かります。
Image_7

カンパニョーロシャマルミレにコンチネンタルGP4000Sという鉄板の組合せ。
Image_8

セッレSMPコンポジットサドルはラインナップの中では細身ですが、体重が分散して長距離でも安心です。
Image_9

ペダルもどうせならTIMEのエクスプレッソ10
Image_10

ステムとバーは付属品です。
Image_12


TIMEも得意です。何でもご相談ください。
Image_13


それではまた明日。
まだお休みか。ヒマでしたら遊びに来て下さい。


|

2017年3月18日 (土)

入門車


こんにちは、パワーコープです。

今夜は楽しみなミラノ〜サンレモ観戦だと思ったら、ナンテコッタ今年はJスポーツでの中継が無いんですね。
内間君や中根君が出場するというんで楽しみにいてたんですが何とも残念。
あまつさえジロも見られないんですか? ホンマかいな。

本日はオーバーホールの合間を見てコレを組んでおりました。
CINELLI
Image

イクスピリエンス クラリス完成車です。
イクスピリエンスシリーズは好評らしく長年にわたりラインナップされてます。
Image_2


メインフレームは7005アルミWバテッドチューブのコロンバスエアプレーンです。
Image_3


上下異径ヘッドから連なるフロントフォークは当然カーボン製
Image_5

チェーンステイはかなり太めの設計ですが、
Image_6


細めのシートステイがガチガチ感を弱めてます。
Image_7

シマノの入門用ホィールにはハッチンソンエキノクスの組合せ。
Image_8


コンポはシマノクラリス。
初心者には調整の楽なクラリスで充分なんじゃないでしょうか。
結局走りはホィールだしね。
Image_9


サドルはサンマルコのスクアドラです。
Image_10

アルミ特有のキビキビとした走りを楽しめますよ。
パーツをグレードアップしてもフレームが負けてないので長く使えますね。
Image_11
CINELLI イクスピリエンス クラリス完成車
税抜き定価¥110.000

フラットバー仕様だと¥99.000です。

それではまた明日


|

2017年3月17日 (金)

お勧めフレーム

こんにちは、パワーコープです。

先ほどラジヲから聞こえてきましたが週末は3連休なんですね。
天気も良さそうだし、お勤めの方々お喜び申し上げます。

今夜から走り出せば5〜600km、短く東北一周くらい出来るでしょう。
昔の様にスマホやGPSに頼らない気ままなツーリングも一興ですよ。

本日の紹介はコレ
オーソドックなクロモリロードフレーム
Image

コツコツとクロモリにこだわるロイヤルノートン号です。
Image_2


今回はメッキラグにしてみました。
Image_3

箱型シートもメッキしました。
Image_4

傷付き易い右チェーンステイもメッキ
Image_5

パイプは日本が誇るカイセイの8630Rを選びました。
軽量でバネ感がありハイスピードに乗せやすいニッケルクロモリ(CRMO)です。
Image_6


先曲げの綺麗なRが路面の振動を吸収します。
Image_7


ロードはもちろん、小径車でもスポルティーフでもランドナーでもピストでも何でも出来ます。
Image_8
勿論サイズオーダーもカラーオーダーも可能です。

カスタムのクロモリフレームが欲しい方、ご相談ください。

それではまた明日


|

2017年3月16日 (木)

お知らせ

こんにちは、パワーコープです。

いよいよ春めいてきました。
と言う事でピナレロさんから嬉しいお知らせです。
Image


この春よりピナレロオーナーになられる皆様に、ピナレロからのプレゼント!
キャンペーン対象はGANシリーズやPRINCEなど計8モデル!
フルカーボン・ロードの対象モデルをキャンペーン期間内にご成約いただくと、キャットアイのライトやサイクルコンピューターのセット、もしくはOGKカブトのヘルメットをもれなくプレゼント!
【ピナレロ・春のセーフライディングキャンペーン】
● 対象モデル:GAN、GAN S、GAN RS、GAN DISK、PRINCE、RAZHA、RAZHA K、ROKHの各2017年モデル
● キャンペーン期間:2017年3月15日(水)~5月15日(月)まで
●RAZHA、RAZHA K、GAN、GAN DISK、ROKHをお選びいただいた場合は…
キャットアイ「VOLT200」&「PADRONE+」もしくは オージーケーカブト「トランフィー」
●GAN Sをお選びいただいた場合は…
キャットアイ「VOLT400XC」&「RAPID MINI」&「PADRONE+」もしくはオージーケーカブト「ステアー」
●GAN RS、PRINCEをお選びいただいた場合は…
キャットアイ「VOLT400」&「RAPID X」&「PADRONE+」 もしくはオージーケーカブト「モストロR」
Image_2


Image_3

Image_4


GAN
Image_5


GAN S
Image_6

GAN DISK
Image_7

プリンス
Image_8


RAZHA K
Image_9


ROKH
Image_10


RAZHA
Image_11

輸入元の在庫が無くなったら終わりです。

それではまた明日


|

2017年3月14日 (火)

新入荷

こんにちは、パワーコープです。


貰った数だけ返さにゃならんホワイトデー。大出費であります。
男前はツライねぇ。


本日の紹介はコレ
ロルフプリマ社のホィール、Vigorディスクアルミクリンチャーです。
宣伝もしてないのに口コミだけで販売好調なロルフプリマのホィールですが、専門誌のインプレ記事でも度々高い評価を得ており、まさに通好みのホィールとしての存在を高めてます。
Image


以下ロルフプリマ社について多少説明。
創始者Rolf Dietrich(ロルフ・デートリッヒ)氏が、ペアスポークを思い付き世に問うたのが1990年代前半のこと。当時決戦用ロードレースホイールと言えば、軽量アルミリムに32本のスポークが均等に配置されたホイールが定番でした。しかし後輪にトルクが掛かった状態では、テンションが最も掛かるスポーク(pulling spoke) は主に駆動側。それから研究を重ね、反駆動側のスポークもフルに活用して、このpulling spokeを増やすことができるペアスポークシステムに辿り着いたのです。当初は営業面をトレックに依存してスタートしましたが、5年の契約期間が満了した2001年には、製造から販売まで一貫した、Rolf PRIMA社(ロルフプリマ)という独立会社を米国で立ち上げ、その機にDietrich氏は事業から身を引き、すべて現会社オーナー社長へと引き継がれました。ホイールは全て、オレゴン州ユージーンにある自社工場で、すべてハンドビルドによる少量生産性の会社です。 全米を中心にその技術と実績は高く評価されてきており、その活躍の場は、トライアスロンを中心に、ロード、トラック、シクロクロス、MTBと多岐に亘っています。技術面では、ペアスポークは単なる入口で、ホイールの完成度の高さは、むしろ目立たない数種のパテント技術によって支えられています。 MTB、シクロクロス用(2013モデルより)以外の全てに内装式アルミニップルが採用されていますが、ディープリム用にはジャケットニップル。ロープロファイルの軽量アルミリムにはピボットニップル(自己可変式)。高張力のスポークに耐え、応力の集中を軽減し、ナイロン樹脂を使った緩み止め構造等々、パテントは多数存在します(リリースしたものも含む)。 フロントハブは、左右フランジ間85mmのワイド仕様。また、リアハブフランジは、反駆動側の方がラージサイズになっており、これもペアスポークを支えるロルフプリマ社独自の専売特許となっています。振れが出にくい精度の高さは、ハードユーザーが最も驚かされる点の一つで、随所に考え抜かれた技術の結集によるものです。 社長を含め僅か10数名程度のスタッフ全員が、レースやアドベンチャーを愛するサイクリスト。自分達が開発し、自分達でトライ&エラーを繰り返し、優れたものだけを世に送り出す。だからこそ、皆さんのライドを何より大切に思い、ライダーの期待に応えるよう、献身的に努力を続けています。

剛性と軽さと横風の影響を考えてバランスの良い33ミリ高リムです。
Image_2

説明の様に左右フランジは高さ異なります。
Image_3

エアロスポークのペアシステムで本当に振れが出ません。
今まで販売したホィールは全てノントラブルです。
Image_4


全てアメリカでベテラン職人が組み、サイン入りです。
Image_5


これでもかという程親切なオーナーズマニュアルが付いてます。
Image_6


ロルフプリマ Vigorディスクアルミクリンチャーホィール
Image_7
税込定価¥15.0120です。

明日の水曜日は定休日です。宜しくお願いします。

それまた明後日


|

«新入荷