お知らせ


臨時休業のお知らせです。
11月12(土曜)は休業させていただきます。
13日は午後1時からの営業とさせて頂きます。
宜しくお願いします。

営業時間のお知らせです。
平日は11時〜21時で、日曜日と祝祭日だけ11時〜20時です。
また、定休日は水曜日です。

メールアドレスを変更しました。
powerjp@ozzio.jp です。

 
パワーコープは移転しました。
さいたま市南区鹿手袋1-2-34で、電話番号は変らず 048ー866ー9557 です。
志木街道沿い、中浦和駅すぐそば。プラザホテル横、公明建設さんの敷地内で駐車スペースもあります。

 

もひとつついでに当店ホームページは現在更新していませんので、当ブログをチェックして下さい。
宜しくお願いします。

   


Pc1

|

2017年8月18日 (金)

有ると便利


こんにちは、パワーコープです。


明日からブエルタだというのにバルセロナでテロですねぇ。困ったもんです。
なんとか3週間だけ我慢して下さいなテロリストさん。
どうせ車で突っ込むのなら白人至上主義者達を狙いなさい。


本日も大物小物色々な作業中です。
簡単に入荷した物の紹介。
去年も好評だったサンマルコのTシャツがまた入りました。
セッレ・サン・マルコ サドルの会社ですね。
Image1


背面です。
見てお分りでしょうね。ポケット付きです。
Image2


ボタン付きの3ポケットです。
Image3

ちょい乗りにも普段着にもいいでしょう。
Image1_2
定価 ¥4.320を¥3.240です。

それではまた明日

|

2017年8月17日 (木)

お買得ヘルメット

こんにちは、パワーコープです。


立秋を過ぎてるので連日の長雨は季節的に秋雨前線の影響と言えなくもないそうです。
クーラーの要らない過ごしやすい日が続いてますが、農作物の生育にとっては困ったもんですね。

お客様の中で、若くして農家を継いでる方が2名いらっしゃいます。
お二人とも土まみれで働いてると思えないほどの爽やかイケメンですが、自然相手のお仕事故御苦労も多いとの事。
食糧自給率確保の為にもお仕事頑張って下さい。

さて恒例となったさいたまクリテリウムのお知らせ。
今年は11月4日となりました。
Image1

オフィシャルサポーターズも募集中です。
個人サポーターは¥10.000、¥30.000、¥100.000の3パターンです。
特典も沢山有りますので御検討下さい。
Image2


本日はお買得ヘルメットのお知らせです。
まずはコレ
KASKのエアロヘルメット、インフィニティです。
チームSKYとの共同開発によって生まれた通気性とエアロ効果を両立する画期的なロードヘルメットです。
Image1_2


エアロコントロールシステム
Image2_3


片手で開閉できるヘルメット上部の可動式エアベンドカバーが最大の特長です。
天候状況やレース展開によって開閉できるので便利ですね。
Image3


エアベンドカバーを開ければ、流入した空気が後部までスースー流れます。
Image4


超軽量のアジャストシステムOCTO FITでサイズ調整も簡単
Image7


更に縦方向にもアジャスト可能なのでどんな形の後頭部にも完璧なフィットを提供します。
Image6

KASK インフィニティ Lサイズ 59〜62cm対応なので大きめの方でも大丈夫でしょう。
定価¥36.000を大特価です。御来店下さい。
Image1_3


2点目はコレ
こちらもボントレガーのエアロヘルメット
Image8

バリスタアジアフィットです。
アジアフィットですから幅広頭でも大丈夫という事。
Image9


風洞実験でNO1エアロ効果と証明されてますが、独自形状のベントが大量の空気を取り込み、冷却効果が向上して一日中快適です。
Image10

AgIONフィットパッド(水分を排出する抗菌パッド)が臭いを完全にします。
Image11

ボントレガー バリスタ アジアフィット
55〜61cm対応ですが、アジアフィットなのでコレも大き目の方でも大丈夫でしょう。
Image8_2
定価¥25.000が大特価です。御来店下さい。

それではまた明日


|

2017年8月15日 (火)

便利ツール


こんにちは、パワーコープです。


本日は忘れてはいけない敗戦記念日です。
亡父は自ら志願してアジア諸国を侵略した日本軍の一員として加担し、帰還してからはいかに悲惨で無駄な戦争であったかを言葉少なに語ってくれました。

沖縄広島長崎だけは語り継がれてますが、より凶暴な加害者としての日本の立場を決して忘れてはいけないと思います。
明日は墓参りなんですが、骨壷の中で今でも心配してるだろうな。

本日の紹介はコレ
GIZAプロダクツの新型ボトムブラケットレンチです。
Image1


シマノBB-9000用。シマノのオマケのアダプターは樹脂製なので弱いんですよね。
コレは当然スチールなので目一杯力が入ります。
Image2

裏返すとBBR60用です。
Image3

そしてホローテックⅡ用。黒いのはクランクキャップ調整用ツールです。
Image4

全長300mmで、ラバーグリップ付きです。
GIZAプロダクツ ボトムブラケットレンチは¥2.000です。
Image1_2


先日入荷予告したものの予約がそこそこ入り、残りは僅か1個のみです。
レザインスーパーGPS。
Image5
お早めに。

明日の水曜日は定休日です。宜しくお願いします。


それではまた明後日


|

2017年8月14日 (月)

本日のお仕事


こんばんは、パワーコープです。


御盆休み中ですが、本日も新車相談、パーツ交換、修理、オーバーホール依頼と慌しく過ぎてしまいました。有難うございます。
修理といえば、近所のイオンバイクさんが昨年営業終了してから一般車のパンク修理が確実に増えました。
一般車はやってませんとか、他店購入車はお断りですなんて言える敷居の高い店じゃありませんのでね、快くお受けしてます。


本日は時間の合間を見てコレを組んでおりました。
BRUNO VENTURA WOLD TOUR バージョンです。
Image1

徹底的に見直され設計された新ジオメトリーで軽快な走りを高い次元で実現しました。
ツインチューブはしなやかさとともに確実な推進力を生み出します。
Image3

コロンブスチューブですから強度抜群です。
Image2

軽い走りながら耐久性を併せ持つタフミニッツタイヤです。
Image4

さすがワールドツアーバージョン。ブラックカンビウムサドルが標準装備。
Image5


さすがワールドツアーバージョン。厚い下巻きの上からカンビウムバーテープを巻いてます。
Image6


さすがワールドツアーバージョン。ブルックスの大型サドルバッグが標準装備。
Image7

さすがワールドツアーバージョン。大型フロントバッグが標準装備。
Image8

高い位置に取り付けられたシフトレバーで変速も楽々。
Image9

BRUNO VENTURA WOLD TOUR
実際このバイクで2名の女性が北欧とアメリカ西海岸の旅へ出かけてます。
Image1_2
コレで¥126.000とはお買得でしょう。


それではまた明日


|

2017年8月13日 (日)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。


本日もコツコツとオーバーホール作業。
当店未扱いメーカーのフロントフォークを抜いてヘッドパイプ内を覗いたら、カーボン繊維がカッチリ成型されておらず、ばらばらになってました。
今時こんな下手な成型技術で販売するメーカーが存在するんですね。破断しないか心配です。
Image2

ついでにシートチューブ内も覗いたら案の定これまた繊維が遊んでます。
値段は知らないけど、有名メーカーだから安くはないんだろうな。
均一の厚さで波打たずに成型し、圧着でも残るエアを極力減らし、繊維剥離が起こらぬように造るのが当り前なんですがね。
Image1

本日の紹介はコレ。少し前に入荷はしてたんですが色々忙しくて遅れました。
だいぶ以前に予約してたんですが、やっと出来上がったリッチーのWCS VENTURE MAXです。
Image1_2

リッチーWCSシリーズは過酷なプロレースでの使用にも耐えられる強度を保ちながら軽量化にも配慮したモデルです。
私もWCSシリーズは信頼しており、今でも数点使ってます。
Image2_2


アドベンチャーというネーミングどうり幅広で悪路でも対応する設計です。
7075アルミのトリプルバテッドパイプをエルゴバイオベンドドロップという形状に曲げてます。
ショートリーチのショートドロップですね。
Image3


下に12度広がり、手前に4度スィープしてます。
Image4

下ハンで手がピッタリ収まります。
Image5

凄いですねホログラムのシリアルナンバーがついてます。
偽物対策でしょうね。
Image6

レバー取付部はC〜Cで420、下端のC〜Cは520です。
グラベルロードにも、大きなフロントバッグを着けるロングツーリングにもうってつけです。
Image1_3
使い方色々、リッチーWCS VENTURE MAXは¥14.000です。

それではまた明日

|

2017年8月12日 (土)

本日のお仕事


こんにちは、パワーコープです。


少し前の猛暑は何処へやら、お陰様で今朝は快調に回してきました。
まさかこのまま秋にはならんだろうけど。


さて、Jスポで放映されてるノルウェーのレースがいいですね。
北欧らしい景色が新鮮で、空撮に見とれてしまいます。
ニッポのテスト生として参加してる西村選手が懸命に歯を食いしばってるのも感動しますし、プロコンチの選手がアピールしようと必死なのも面白いですね。

そしてもう直ぐ涼しそうなノルウェーからいよいよブエルタです。メンバーを見る限り今年も面白いそうです。楽しみに待ちましょう。

本日の紹介はコレ
昨日に引き続き2018モデルのTREKです。
Img_2097

ドマーネALR5ディスクです。
ALRとは軽量アルミの事。5はシマノ105仕様の事です。
Img_2098


ドマーネですからisoスピードコンセプト。アルミフレームでもちゃんとシートチューブがしなります。
Img_2099


ドマーネのカーボンフロントフォークはクロモリで言うところの先曲げコンセプトで、路面振動を先端部で収束します。
Img_2100


スルーアクスル対応で剛性をアップしたフォークが、ディスクの強力なブレーキ力受け止めます。
Img_2101


コンポは先ほどの説明どうりシマノ105です。
Img_2102

最初から32mmタイムがついてます。
もっと細くも太くも出来ますよ。
Img_2103

ちゃんとデュオトラップセンサーレディです。
ここにセンサーを取り付ければ振動で動いてしまうなんて事は有りません。
Img_2104


サドルは少し柔らかめのボントレガーアフィニティコンプです。
Img_2105

ロングを走って見たくなると評価のALRフレームにisoスピードコンセプト。
ディスクブレーキでワイドタイヤとくれば万能ですね。
Img_2097_2
TREKドマーネALR5ディスク
¥213.000です。


ヒルクライム専用以外でネクストバイクをお考えの方、いかがでしょうか。

それではまた明日


|

2017年8月11日 (金)

2018年モデル


こんにちは、パワーコープです。


本日からお盆休みの方が多いんでしょうね。サイクリストも少なめです。
そして高速道路は例年どうりの大混雑。

したり顔で高速渋滞のニュースを冷ややかに批判する方がいらっしゃいます。
日本人の行動様式のワンパターンぶりがお気に召さないんでしょうね。

しかしね、しょうがないでしょう。会社勤めならその期間しか休めないんだから。
短い時間でも故郷に帰って親孝行や墓参りしたいんですから偉いもんですよ。
無事にお帰りください。

先日磨き上げたフレームが組み上がりました。
2018年モデルのTREK ドマーネSL6改です。
Img_2071

ひたすら快適なisoスピードコンセプトはご存知の通り
Img_2078

ヘッドにもisoスピードコンセプトが組み込まれて更に疲れが減りました。
Img_2079

ステムとバーはカーボンに交換しました。
Img_2077


ホィールはまさしくオールラウンダーのカンパボーラワン35に交換。
タイヤはボントレガーR4でチューブはRairという贅沢な選択です。
Img_2074


サドルは座面の広いサンマルコリーガルで、カラーもこだわりました。
Img_2076


ペダルはストレスフリーのタイムエクスプレッソ8を取り付けました。
Img_2075

新型アルテグラは標準仕様です。
Img_2072

TREKドマーネSL6
Img_2071_2
コレは改造しましたが、ノーマル仕様だと¥325.000です。どう考えても安い。


それではまた明日


|

2017年8月10日 (木)

展示会報告


こんばんは、パワーコープです。

取り敢えず昨日のトレックワールドの報告でも。
単純に欲しいです。eバイクは御年配の方、旦那に遅れてしまう奥様、体力に自信のない方にもスポーツバイクが楽しめる絶好のアイテムですね。
発売は未定ですが、来年かな。
Image1

コレもeバイク
Image3


はい、コレは発売されるVERVE+です。
ボッシュのアクティブラインミッドドライブシステムは出力のバランスがコントロールされているため非常にスムーズな乗心地を提供しています。
パワフルなライトシステムやメーター類を搭載し、全天候でも安全な油圧式ディスクブレーキを採用しています。
¥213.000
Image4

エモンダSLRは塗装無しだと610g。有りでも640g‼️
永久保証付きで¥381.000とは安過ぎ‼️
Image5

旧モデルから完全に作り直してます。
レイヤーも突き詰めて数千通り試作したとか。
馬鹿馬鹿しいほどの軽さですよ。他社さんもお手上げだろうな。
Image6


そのエモンダSLRの完成車
Image7

大変お疲れ様でした。ブエルタで引退をするコンタドール選手の実戦車です。
Image8


バーテープは重なり部分を多めにした厚めの巻き方です。
Image9


ただでさえホールド力の強いバッドケージのアーム部にタイラップを巻いてます。ビックリ。
Image10


172.5mmかと思ったクランクは170でした。
Img_2069


会場に来られてた別府君も被ってるのを忘れてしまうと絶賛してた新型Velocisは、アジアンフィットですから誰にでも合うでしょう。
前を向いても下を見てても風の抜けが分かります。とおっしゃってました。
¥23.148
Image15


ベロシスとそっくりなCircuitはマグネチックライトマウントで前後ライトやカメラを簡単に装着できます。
Image11

こんな感じ。ツーキニストには是非ともオススメ。
Image1_2


リアルレーシングモデルのマドンですが、
Image13


専用ステムバーではなくて、通常のステムバーでも取付られるように改良されました。
これでトライアスリートにも選んでもらえます。
Image14

まだまだありますが本日はこの辺で。

それではまた明日


|

2017年8月 9日 (水)

出張

こんにちは、パワーコープです。


いつもの様に暑い京都に来ておりますが、今日は埼玉の方が暑いのかな。
遠方より残暑お見舞い申し上げます。
Image1


これからプレゼンを聞いて、写真を撮ってから速攻で帰ります。
Image2


それではまた明日


|

2017年8月 8日 (火)

新ホィール

こんにちは、パワーコープです。


今朝は強風に煽られながらやっとこさ走ってきました。
どうせ私の人生向い風。慣れております。

しかし5号台風はだらだらと長いですなあ。困ったもんです。
時速9kmですからジョギング程度ですという報道ですが、私からすれば全速力ですよ。
ともかく被災された方々にお見舞い申し上げます。


本日はコレの紹介
デダからホィールが発売されます。まずはZERO2。
ZERO 2は、Deda Elementiの持つ全てのノウハウを手ごろな価格に収めた新しい高性能アルミホイールセットです。
高いコストパフォーマンスでトレーニングからレースに使用することが可能です。
QR、リムテープ付属。
超軽量の溶接アルミリムは最新のタイヤシステムに対応する幅広の20.5mmで安定性と操作性を向上させます。
ハブも本体も軽量で、更にスムーズな回転と究極のスピードを約束するEnduroベアリングを採用。
走行感や剛性に大きく影響するリアのスポークも2:1パターンで組まれており横剛性を向上させています。
推奨タイヤは23〜32mmです。
¥81.830
Img_1981

続いてはSL38です。モデル名どうり38mmのリム高のクリンチャーホィールです。
38mmのミディアムハイト、チューブレスレディーの26mmのワイドリムという流行りを押さえた軽量
フルカーボンクリンチャーホイールがSL38です。究極に滑らかでスムーズな回転を約束するEnduroセラ
ミックベアリングを採用しており、数秒を争うレースでの使用にも威力を発揮。
走行感や剛性に大きく影響するリアのスポークも2:1パターンで組まれており横剛性を向上させています。
リム:ハイト38mm、ハイモジュラスカーボン
スポーク:F18/R24 ステンレスエアロストレートプルスポーク
ハブ:6061アルミニウムボディ、Enduro セラミックベアリング
付属品:クイックレリース、ブレーキパッド、バルブエクステンション(中継ぎタイプ)、リムテープ、ホイールバッグ
適合タイヤ:25~32mm
最大空気圧:7bar-100psi
重量:1,500g
税抜価格:¥210,970
※チューブレスレディーキットはご使用のタイヤメーカーから販売されているものをご使用ください
Img_1978

Img_1979

最後はSL88。はい88mmです。
新しいエアロプロファイルを持つチューブラーホイールセットはタイムトライアルやロングディスタンストライアスロンで抜群の威力を発揮します。
QR、ブレーキパッド、ホイールバッグ付属。
88mmのディープハイト、25mmのワイドリムは剛性とエアロダイナミクスを最も効果的に享受することが出来ます。
究極に滑らかでスムーズな回転を約束するEnduroセラミックベアリングを採用しており、数秒を争うレースでの使用に威力を発揮。
走行感や剛性に大きく影響するリアのスポークも2:1パターンで組まれており横剛性を向上させています。
¥217.360です。
Img_1977
3点とも完成度の高いホィールです。バージョンアップをお考えの方如何でしょうか?

只今御予約受付中です。


明日の水曜日は定休日です。宜しくお願いします。

休んでられない、出張だ。


それではまた明後日


|

«本日のお仕事