« 新入荷 | トップページ | お買得 »

2017年2月20日 (月)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。

たまに御来店頂くお客様で、日本語ペラペラなスペインの方がいらっしゃいます。
欧米人らしく自分の意見をハッキリ言われ、なあなあで済ましがちなの日本人には御尤もなお話をして下さいます。
熱心に走る方なので、逆走自転車や公道で並走するレーサー達に厳しく注意されてきたようですが、一向に好転しない現状にもう諦めたとの事です。
日本人として何とも耳の痛い話ですが、集団による恥は掻き捨て文化は先祖代々からの血なんでしょう。
反省反省。

と書いてきたところで何処やらの宗教の勧誘が来やがった。
彼奴らは何言っても自説を曲げないねぇ。自分達の信じる道こそ真実なんだそうだ。トランプ並みの頑固さだよ。
信じれば心休まる来世が約束されるんだそうだ。オメデタイねぇ。
何を信じるか、何に平伏すのかは個人の自由として保証されてますから勝手にやって下さい。
ただしそれを他人に押し付けるなって事ですよ。
忙しいのに腹立つ〜。

自転車教もあまり押し付けちゃいかんね。


心を落ち着けて本日の紹介はコレ
熱心に走られてる方にリピーターが多いBMZのキュボイドバランスインソールのニューモデルです。
BMZはソチ五輪で多くのメダリストが使用してた事でウインタースポーツ界ではメジャーなブランドです。
Image_6

見た目じゃ分からないでしょうから、
以下メーカーの説明文

足の「安定性」と「運動性」の起点となっている「立方骨」を中心にサポートすることで、足や体の骨格バランスを適正な状態へと近づける BMZ cuboid balance(キュボイドバランス)。cuboid とは立方骨のことで、この人の運動を司る上で重要な骨は、小指の付け根あたりにあります。
bmz
足の構造から考えると、「内側部」は「外側部」の上に乗る形で機能しています。また、安定性をつかさどるグループは外側部です。その外側部のアーチの中心にある骨は立方骨です。つまり、外側部のアーチの頂点に位置する立方骨を下方から支えることで、外側部のコンパートメント(土台)が安定し、その上に乗っている内側部のコンパートメント(運動部分)はさらに動きやすく、趾も使いやすくなります
cuboid calance の理論は、cuboid(立方骨)を中心にサポートする事で、足裏の内側に運動性・外側に安定性を持たせるものです。BMZ はインソールを通して cuboid balance を実現。スノースポーツから陸上競技、トライアスロンまで多くのアスリートから愛用され、我が国からもメダリストを生み出す原動力になっています。

新しい BMZ のインソールは、cuboid(立方骨)の他に踵骨(しょうこつ:かかとの骨)を支え、力の伝達率を向上させるパワー系のサイクリストにお勧めする M- Tune、そしてロングライドに最適な、つま先部分が薄く柔らかい V-Tune のふたつです。

インソールも機能パーツのひとつですが、まだまだ試していないサイクリストも多いと思います。また、インソール経験者であっても cuboid calance 理論を知らない、または体感したことがないサイクリストも多いはずです。まずは販売店の皆さんから、是非ともお試しください。その効果をご存知の皆さんは、パワーとロングライドに特化した新しい BMZ を是非ともお試しください。
Image_7


立方骨とはココです。
Image_8

この○印の部分がポイントなんです。
Image_9

今回入荷したのはロングライドに適したVチューンです。
Image_10

旧モデルですが私も毎日使ってます。
敏感な方は履いてすぐに効果が分かるとおっしゃいますよ。
Image_11

今までの様なアーチにぴったり合わせない画期的なインソール
BMZ キュボイドバランスインソール
Image_12
ロングライド用 Vチューン
税抜き ¥6.800です。


それではまた明日


|

« 新入荷 | トップページ | お買得 »

シューズ」カテゴリの記事