フレーム、完成車

2017年6月25日 (日)

大定番

こんにちは、パワーコープです。


さいたま市は降る降る詐欺にあったようです。
天気予報を無視して乗ってくりゃよかったなぁと反省。


さて今朝の王滝村の地震には驚きました。
一昨年の御嶽山噴火で観光客が減少してるのに、またですか。
まだ噴火の影響が残ってるんでしょうか?

チーム員が楽しみにしてるセルフディスカバリー王滝のコースにも被害が無ければいいのですが。
地元の方の熱意と協力で開催されてる訳で、穏やかに鎮まる事をお祈りします。

あちこちの展示会で仕入れたお買得品が山ほど入荷してるんですが、詳細はまた後日。
本日の紹介はコレ。
COLNAGO
Image2_2


クロモリフレームの大定番マスターXライトです。
輩出したチャンピオンは数知れず。シャキーんと進むポテンシャルは現在のカーボンフレームに負けません。
Image1


星型断面に成形された細身のチューブはジルコ加工と呼び、マスターを語る上で欠かせないキーワードです。
Image1_2


ラグ溶接されたヘッド周り。仕上げに施されたシルバーメッキが輝きを放ちます。
Image1_3

シートラグは落ち着いたペイント
Image1_4


ブレーキブリッジは補強板が付いてリアのたわみを軽減します。
Image1_5

手が込んだチェーンステーのクロームメッキは美しいばかりでなく、チェーンによる傷を防ぎます。
Image1_6


厚めのリアエンドは剛性アップに効果的なんです。
Image1_7


最もマスターらしい性格はフルメッキのストレートフォークです。
これほどガッチリとした安定感とパワーロスの少ないフォークは他に無いんじゃないでしょうか。
Image1_8

COLNAGOマスターXライトフレーム
発注から10ヶ月! 昔から考えれば早くなったのかな。
Image2_3
定価 ¥330.000
実売価格はお問合せ下さい。

希少品ですからお早めに。

それではまた明日

|

2017年6月 3日 (土)

本日のお仕事

こんにちは、パワーコープです。


本日オダックス埼玉さん主催のアタック日本海600kmにお客様が数人参加されてます。
要するに日本海まで行って帰る訳ですが、今日の暑さが問題ですね。
トップの様に24時間以内に帰れとは言いません。休み休み制限時間ギリギリでお帰り下さい。
Img_0979

本日はコレを組んでおりました。
TREK
Image1

ドマーネ ALR 4 です。
Image2

ドマーネですからロングライドや荒れた路面も苦にならないIso Speed テクノロジー。
縦方向の振動吸収性が2倍になって疲れ知らず。
Image3

Iso Speedテクノロジーはフロントフォークにも生かされてます。
Image4

ALR4ですからティアグラ仕様
Image5


なんですが、オーナー様のご要望で11速化しました。
STIレバーは105
Image6

リアメカも105でロングケージ
Image7


楽に登れるようにとローは32Tです。
Image8

ところがですね、付いてくるボントレガーホィールは10専用なんですよ。
仕方ないので11枚スプロケットをサクサクっと加工して入れました。
Image9

ブレーキもテクトロから105に
Image10


前後ドロップアウトには隠しダボが有りますのでキャリアでも泥除けでも付けられます。
Image11


TREK DOMANE ALR 4
標準で28mmタイヤが付いてるので楽ですよ〜
Image1_2

ティアグラ仕様で¥169.000 です。

スプロケットの加工は物によって可能です。

明日は物見山6耐です。


それではまた明日

|

2017年5月22日 (月)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。

昨日終わったカルフォルニアでの話。
集団から遅れたサガン選手が11%の登りをウイリーで300m走ったとの事。
勘のいい子ならウイリーの300m位ならすぐ走れるでしょうが、11%の登りというのが凄いですね。
関係無いけど、今中さんの話だったか、10%の登りを手離しで登れるようじゃないとプロになれないと聞いた気がするのですが、要するにハンドルにしがみついたり、引いては駄目なんだよって事でしょう。

まさにウイリーなんだから上半身の力は一切使えないはず。
さすが世界チャンプ。とても人間業とは思えん。
10%の登りでウイリーしようとしたら私なら後転しますね。

本日の紹介はコレ
DEROSA
Image1


チタニオSOLOフレーム。
世界中の金属フレームの頂点に立つ、唯一無二の存在です。
Image2


グレード9のトリプルバテッドオーバーサイズチタンチューブを正確無比な技術で溶接するTITANIO SOLOはウーゴ・デローザ氏の薫陶を受けた職人が2日に1本を目安に組み立てられます。
Image3

ブラックレーベルは細かいサイズオーダーが可能ですから、御自分の身体や目的に合わせたカスタムビルドという事です。
Image5


BBはプレスフィットじゃなく、イタリアンのスレッドです。いいねぇ。
Image4


もちろん電動にも対応してます。
Image6


チタンのシートポストが付属します。
Image7


オーバーサイズのチタンフレームなので馬鹿みたいにガンガン進みますが、翌日脚がパンパンになりません。
こればっかりは体感してもらわないと分かりません。ご予約お待ちしております。🙇
Image1_2
DEROSA TITANIO SOLO
税抜き定価 ¥960.000です。夏のボーナスで如何でしょうか。


それではまた明日


|

2017年5月18日 (木)

本日のお仕事


こんにちは、パワーコープです。

昨日のお休みは久し振りに家族3人で低山徘徊をしてきました。
埼玉のサイクリストにはお馴染み、黒山三滝から登山道に入り
Image13


杉木立の中を進み
Image1

地層マニアが喜びそうな巨岩を眺めたり
(秩父も海だったんですね)
Image9


花立松ノ峠を目指します。熊に注意!
Image2

猪か鹿か熊の糞?
Image10

猪か鹿か熊の体毛? をチェックしながら
Image11


関八州見晴台に到着
ガスってて何も見晴らす事できず、残念。
Image5

下界では盛りを過ぎたツツジが頂上では花盛りでした。
Image6

高山不動尊に寄ってお参りし、ブログ読者様だけの安全をお祈りしてしてきました。
全行程4時間半。そこそこの疲れでジロは見損ないました。
Image8


ところで山中にこんな注意書きが。
20日と21日この近辺でトレイルランが行われます。山歩き予定の方はご注意下さい。
しかし160キロとは凄いですね。山中の160キロなら1000キロブルベのほうないいなぁ。
Img_0727


本日はコレを組んでおりました。
Image1_2

TREK EMONDA SL6 完成車です。
ユーザー満足度でほぼパーフェクトの反応を得ているバイクです。
Image2_2


500シリーズOCLVカーボンは軽さと強度、そして剛性とを素晴らしいバランスで実現。
トレックの最先端カーボン加工技術にピッタリとマッチするフレームです。
Image3

当り前ですが、ワイヤー類はフル内蔵型です。
Image4

エモンダはしっかりとした剛性を持たせつつ、カーボンレイヤーとフレームデザインでゴツゴツ感を極力消したフレームです。
Image5_2

シリアスレーサーほどの前傾を必要としない殆どの方に合うH2ジオメトリーで、長時間のライドでもストレスが溜まりません。
そもそも腕の短い日本人ならH2で充分です。別府君だってH2だし。
Image6_2


左右非対称形状のチェーンステーにはトレックオリジナルのデュオトラップセンサーが取付られます。
Image7


振動吸収に優れたシートマストキャップ(シートポスト)にはボントレガーモントローズコンプサドルが付きます。
Image10_2

ボントレガーエリートバーと、パーツ拡張性の高いボントレガープロステムです。
Image8_2

ステムにはコンピューターやライトホルダーが簡単に取付られます。
Image9_2

チューブレスタイヤも取付可能なボントレガーレースホィールにはR2ハードケース25mmタイヤが嵌ってます。
Image11_2

コンポーネントはシマノアルテグラですから即レース参戦仕様ですね。
Img_0766

TREK EMONDA SL 6
Image1_3
定価 は¥339.000です。


それまでまた明日

|

2017年5月13日 (土)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。


今年一番の大雨予報が出てるのにH谷川様は白石峠までトレーニングに行ったそうです。
ところが、H谷川様のような〇〇者が他にも数人走ってたんだとか。みんな偉いなぁ。
偉いなぁといえば、本日糸魚川を目指してる皆さんもですね。
昨日糸魚川の為に慌ててレインシューズカバーをお買上げの方が2人いらっしゃいました。お役に立てたならば幸いです。

本日は久し振りに御来店の細K様から飯能名物の四里餅(しりもち)をいただきました。ありがとうございます。
御来店の度に体重が増してるような気がしますが、幸せ太りなのかな?
Image1


本日の紹介はコレ
GUST の完成車 RCR TE です。
Image1_2

チームエディション
Image2

アジアを中心に活躍するチーム・アタッキ・グストが使用するフレームの完成車です。
先日のツール・ド・栃木でオーストラリアのベンジャミン・ヒル選手が総合優勝したばかりですね。
Img_0638


東レT800カーボンを使った950gの軽量高剛性フレームながら路面の突き上げを逃す設計です。
Image3


ヘッド周りはガッチリ作って安定性を高め、フォーク先端へかけてのカーブで上体の疲れを減らす構造です。
Image4


メインコンポーネントはフル105です。
Image6

スプロケットは初心者にも嬉しい11〜32が標準装備。
Image7


シマノWH-RS11ホィールにはコンチネンタルウルトラスポーツが装着されます。
Image10


サドルは贅沢にもセラ・イタリアのQbic
Image8

ステム&バーはFSAです。
Image9

数多くのサイクルメーカーのOEMを手掛けており、カーボン成形技術は業界トップクラス。
GUST RCR TE 105完成車
Image1_3
プロと同じフレームながら、105完成車でなんと
¥178.000‼️ 安過ぎでしょう。


それではまた明日


|

2017年4月22日 (土)

少しお買得

こんにちは、パワーコープです。

あと一週間もすれば皆様お待ちかねのゴールデンウィークですね。
海外サイクリングでも帰省でも存分に楽しまれて下さい。
そして、行楽地などでは普段運転をしない方が知らない道を走ってる場合も多いでしょうからね、サイクリストさんは充分に車に気をつけて下さい。

そこで当店の営業日のお知らせです。
5月3日は水曜日ですが、平常どうり営業いたします。
まあ、休み無くやってますという事です。宜しくお願い致します。


本日の紹介はコレ
COLNAGO
Image1

CONCEPTフレームです。
コルナゴのコンセプトと聞いて懐かしと思われる方は40代後半以上でしょう。
1987年にフェラーリ社とのコラボレーションによって登場したCONCEPT。
カーボン製フレームに内蔵ケーブル、BB内装7段変速、油圧ブレーキ、サスペンションシートポストと当時では考えられない最先端技術が集約されたモデルでしたね。
Image2


ちなみにコレが初代コンセプト
Img_0311

もうね当時と比べたらカーボン素材も形成技術も格段の進歩を遂げてますから、軽さも剛性も形状も思いのままです。
このダウンチューブの太さなんて昔じゃ考えられないでしょう。
Image3


このままTTレースに出られるほどの空力性能ですが、意外にも縦方向のガチガチ感が有りません。
Image4


かと言ってグニャグニャではありませんよ。
チェーンステーの太さを見れば本物のレース志向が伺えます。
Image5

長時間ライドでも疲れないキモはコレ。
ヘッドパーツの構成をガーボン、ナイロン、エラストマーからなる高分子化合物により形成しました。
Image8


スレッドフィット82.5は圧入の際にフレームにダメージを与えない役目を担います。
Image7


フォーククラウンとヘッドチューブに一体感を持たせ
空力を向上。前方向からの気流とホィールが回転することにより逆向きの気流を逃がすためクリアランスが広く設計されてます。
Image12


専用のエアロカーボンシートポストが付属してます。
Image9

ブレーキは制動力が大幅アップするダイレクトマウント式です。
Image10

ノーマルカラーは¥450.000でこの特別カラーは¥490.000です。
(完成車イメージ)
Img_0282


そして最後にお買得情報❗️このフレームは難ありで多少安く入りました。
ブレーキ台座が塗装不良なんですが、ブレーキで隠れてしまうので全く気になりません。
Image13
税込定価¥529.200をズバリ○○○円です。

サイズは480のスローピングでトップチューブ長は527mmです。気になる方はお問合せ下さい。1本のみです。

それではまた明日


|

2017年4月20日 (木)

本日のお仕事

こんばんは、パワーコープです。

去年も同じコメントを書いた気がするんだけど、昨日のフレーシュ・ワロンヌのバルベルデ選手の強さは圧倒的でしたね。
何故他チームはゴール数キロ手前からもっと激しく仕掛けないのかねぇ。
横綱バルちゃんにユイの壁手前から先頭集団で走らせちゃダメなんだから、モビスターチームを混乱させる様な先手を打ちなさいよ。

ゴリゴリとハンドルを軋ませて登る他選手と違い、激坂を真っ直ぐに無駄なく進んでました。
もうすぐ37歳、充分にベテランだけど、この調子だとあと3勝くらいしそうです。
ツール5勝クラブってのが有るけど、フレーシュ・ワロンヌ5勝は今後出ないだろうね。


本日はコレを組んでおりました。
Image1


TREK EMONDA ALR
Image2


ALRですからオリジナルの300シリーズのアルミフレームです。
走り屋さんからも絶賛されて、こんなに評判のいいアルミフレームは唯一無二なんじゃないでしょうか。
実業団レースでも勝てるとのインプレ記事があったとうり、抜群の推進力と同時に、アルミらしからぬ振動吸収の良さは実にお見事です。
Image3

革新的な溶接技術で各チューブはしっかりと接合し、より少ない材料で高い強度を実現しました。
Image4


モデル名エモンダALR 6はアルテグラコンポの完成車です。
Image5

11枚のスプロケットは11〜28。どこでも登れます。
Image6


シートポストはオリジナルのガーボン製です。
Image7


サドルはやや柔らか目のボントレガーMontrose Compです。
Image9

シートクランプバンドは敢えて逆向きにセット
Image8


ボントレガーオリジナルホィールはチューブレス対応で、タイヤは軽量ながら耐久性の高いR1ハードケースです。
Image10


同価格帯でアルテグラコンポでこの性能はカーボンフレームでは無理でしょう。
ホィールを換えれば即レース参戦出来ますよ。
Image1_2
TREK EMONDA ALR 6
¥249.000 パフォーマンスを考えたらお買得でしょう。

それではまた明日


|

2017年4月16日 (日)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。


本日は絶好のサイクリング日和となりました。
サイクリングロードでは実に多くの方々が走られてましたね。健康そうな方、健康になりたそうな方。老若男女マイペースで楽しまれていました。

高かろうが安かろうが折角手に入れたスポーツバイクなら一生愛して下さいよ。
困ったらいつでもお手伝いいたします。


はい、困られた方がお持込みのホィール。
ZIPPのリムにZIPPのハブで組まれてます。
Image1

そして肝心なスポークが富士山の下りで折れてしまったそうです。
懐かしいでしょ。ファイバーフライトのカーボンスポークですよ。
Image2

幸いにもスポークのストックケースにまだ残ってましたので、ちゃんと元どうりになります。
捨てずに取っておくもんですね。再び陽の目を見ることが出来ました。
しかしこんな修理依頼は今後まだ有るんだろうか?
Image3


さて本日の紹介はコレ
Image4


DEROSAのポタリング車、1Padaです。
Image5

本来ヘッドマーク無しだったので勝手に付けました。
Image6


大きな砲弾型フロントライト
Image7

フレームと同色のお洒落なチェーンケース
Image8


贅沢にもサドルはBROOKSの本革
Image9_2


贅沢にも本革のサドルバック
Image10


さらに更に本革のパニアバッグ
Image12

セッレ・モンテグラッパ
イタリア製のバッグですよ。
Image1_2

後射灯はフランスのBASTAです。
Image13

グリップも本革製
Image14

1PadaはMilaninoバイクの象徴的な存在で、Journeyが距離を走ることも楽しめるバイクならば、1Padaは時速20㎞/h以下で走ることの楽しさを教えてくれるバイクです。使い込むほどに味わい深くなるBROOKSの革サドルを標準装備。サドルバッグと大容量のパニアバッグも付属していますので、実用性も高いバイクです。また、1PadaはCusano Milaninoの中心街、ショーウィンドにMilaninoバイクが並ぶ素敵なセレクトショップ“PADALINOとジョイントして企画されたバイクでもあります。

Image4_2

贅沢でお洒落な1Pada
価格は税抜きで¥122.000❗️
大丈夫?デローザさん元は取れてるのかな。

それではまた明日


|

2017年4月 6日 (木)

本日のお仕事


こんにちは、パワーコープです。

昨日は桜を見に距離を踏もうと思ったのに朝からスマホが不調。
結局直してもらうのに半日がかりとあって敢え無く断念。
残念なのでご近所の夜桜を犬と見に行きました。
Image1


本日はジックリとコレを組んでおりました。
Image1_2


先日紹介したロイヤルノートン号。
サイズもカラーもフルオーダーです。
Image2


コンポーネントはカンパニョーロのポテンツァを選びました。
Image3

当然リアは11速です。
Image4


ハブは贅沢にもホワイトインダストリーズです。
Image5


リムは頑丈なアンブロッシオのエクスカージョンで、タイヤも耐久性の高いコンチネンタルグランプリ4000の25mmです。
Image6

ステムも贅沢に日東のクラフトで、ハンドルバーも日東の106NASです。
Image7

サドルはブルックスの革
Image9


永遠の定番チームプロです。
革サドルに悩んだらとりあえずコレを選んどきゃ間違い無し。
Image10


バーテープもブルックスのレザーです。
Image8


カラーもサイズもパイプも自由自在なカスタムオーダーで究極の一台を組んでみませんか。
Image1_3

フレーム価格は¥115.000〜

納期は30日〜

それではまた明日

|

2017年4月 3日 (月)

お知らせ

こんにちは、パワーコープです。

おかげさまで庭の桜が私の様に慎ましく咲き始めました。
Image3

2頭の犬のオシッコや4匹の猫のフンが肥しになってるのか今年も順調です。見上げるほどの大木には程遠いけど可愛いもんです。
Image1

さて、昨日のロンドはEUROSPORTの生中継で見てましたが、ジルベール選手の逃切りには驚きましたね。
典型的なパンチャータイプのジルベール選手が55kmを一人で行ってしまうなんて無理だろうと思いましたよ。
まさかねぇ、カンチェラーラ選手じゃないんだからと。
どうせ集団ゴール勝負だと思って寝落ちしてしまいましたが、結果を知ってビックリ!
ジルちゃん今年は絶好調です。クィックステップは本当にワンデーに強いなあ。
パリ〜ルーベでボーネン選手が勝てば大団円ですね。


そして7位になったジョン・デゲンコルブ選手が乗ってたのがコレ
TREK DOMANE SLR ジョン・デゲンコルブモデルです。
Img_3019


カンチェラーラ選手との共同開発で誕生したドマーネを更にバージョンアップしたSLR
チューブインチューブ構造のシートチューブが異次元の振動吸収性を発揮してますが、
Img_3020

SLRは振動吸収レベルが可変式となりました。
シートチューブの黒いレバー部分を上下するとこでライダーのお好みの硬さを選べます。
Img_3033


道路状況や距離によってフレームの性格をガラッと変えられます。
Img_3021

ヘッドに収められたフロントのIso Speedでフォーク側の振動吸収も大幅アップしました。
Img_3035


渋〜いジョン・デゲンコルブモデルはプロジェクトワンで選べます。
Img_3034



John Degenkolb Café Racer は以下のモデルで選択いただけます。

・Domane SLR
・Domane SLR Disc
・Domane SLR Pro Endurance
・Domane SLR Disc Pro Endurance

ペイントアップチャージ価格:¥180,000(税込)
Img_3022

納期はおよそ60日です。

それではまた明日

|

より以前の記事一覧