フレーム、完成車

2017年3月25日 (土)

本日のお仕事

こんにちは、パワーコープです。

悪天候の明日を見越して今日のうちに乗っておこうという方が多かったようです。
埼玉の染井吉野は今週末ですかね。お花見ランが楽しみです。


本日はお花見に似合いそうなコレを組んでおりました。
春っぽい爽やかなカラーですね。
Image

当店ではお馴染みのロイヤルノートン号です。
Image_2

今回はカイセイ022パイプをラグレスで組みました。
Image_3


コンポは軽いイメージでシマノ105のシルバーを
Image_4

クランクは5アームにこだわってスギノを選びました。
Image_5

クイルステムはDedaムレックスで、ハンドルバーもDedaのスペチャーレです。
Image_6


DedaのアルミシートポストにSMPのHELLを取り付けました。
迷ったらHELLというくらい万能のサドルです。軽量ではありませんがお勧めですよ。
Image_7

カラーオーダーもサイズオーダーもパイプの選択も自由です。
Image_8

クロモリフレームの事なら何でもご相談ください。


それではまた明日


|

2017年3月20日 (月)

ピナレロ


こんにちは、パワーコープです。


先日のことですが、オダックスジャパン会長の稲垣さんがニュージーランドの大会で走行中にトラックに追突され亡くなられたそうです。
大人気のロングライドイベント、いわゆるブルベを統括してるのがオダックスジャパンさんです。
スタッフ全員ライダーであり善意のボランティアとして携わっている団体を統率されてたのが亡くなられた稲垣氏です。
ルールも運営もサイクリストの善意と自己責任で成り立つイベントな訳で、御苦労も多かったと思います。
私も昔々10数回トラックレースを開催した事があったので運営の大変さは良く分かるんです。
会長ご自身もまだまだ走りたかったでしょうね。御冥福をお祈りします。

本日はまたまたピナレロさんからのお知らせです。
F8からさらに軽量化し、剛性アップして、空気抵抗を減らし、まったくどこまで進化するんだと思わせる新型ドグマF10のカラーバリエーションが発表されました。
3月21日から受注受付いたします。
167 BLACK LAVA 国内在庫色
Image

166 RED MAGMA 国内在庫色
Image_2

905 Team SKY 国内在庫色
Image_3


170 BOB 国内在庫色
Image_4

165 Sideral White受注発注
Image_5


168 Sulfur Yellow 受注発注
Image_6

169 Aeteroid Red 受注発注
Image_7


906 Team WIGGINS 受注発注
Image_8


909 RHINO 2017 受注発注
Image_9

いずれも税抜き定価 ¥625.000です。

それではまた明日

|

2017年3月19日 (日)

本日のお仕事


こんにちは、パワーコープです。

生中継が無かったので後追いで見ましたが、なんだかんだ2位のサガン選手が一番強かったですね。
(昨夜のミラノ〜サンレモね)
7回も勝ったメルクス選手を思い出させるパワフルな登り方は見応えありました。

また、完走者の中ではブービーになってしまったけど内間君も頑張りましたね。
今後の糧となる素晴らしい経験となったでしょう。


お客様がたが3連休を楽しまれてる中、私はこんなのを組んでおりました。
先日紹介した限定バージョンのTIME
Image


サイロントリコロールです。
Image_2


コンポーネントは新型デュラエースで、クランクにはパイオニアのパワーセンサーを取り付けました。
Image_3


リアディレイラーはノーマルでも最大30Tに対応してるので、最強プロから貧脚の私にも嬉しい設計です。
Image_4


フロントディレイラーも大変身。少ない力でスルッとシフトアップします。
まあ良く考えられてます。
フロントに関しては他のメーカーは当分追いつかないね。
Image_5


STIレバーはますます小振りになり、リーチも短くなって手の小さな方にも使い易くなってます。
Image_6

少ない入力でガツンと効くブレーキ。
プロ選手がディスクは要らないって言うのも分かります。
Image_7

カンパニョーロシャマルミレにコンチネンタルGP4000Sという鉄板の組合せ。
Image_8

セッレSMPコンポジットサドルはラインナップの中では細身ですが、体重が分散して長距離でも安心です。
Image_9

ペダルもどうせならTIMEのエクスプレッソ10
Image_10

ステムとバーは付属品です。
Image_12


TIMEも得意です。何でもご相談ください。
Image_13


それではまた明日。
まだお休みか。ヒマでしたら遊びに来て下さい。


|

2017年3月18日 (土)

入門車


こんにちは、パワーコープです。

今夜は楽しみなミラノ〜サンレモ観戦だと思ったら、ナンテコッタ今年はJスポーツでの中継が無いんですね。
内間君や中根君が出場するというんで楽しみにいてたんですが何とも残念。
あまつさえジロも見られないんですか? ホンマかいな。

本日はオーバーホールの合間を見てコレを組んでおりました。
CINELLI
Image

イクスピリエンス クラリス完成車です。
イクスピリエンスシリーズは好評らしく長年にわたりラインナップされてます。
Image_2


メインフレームは7005アルミWバテッドチューブのコロンバスエアプレーンです。
Image_3


上下異径ヘッドから連なるフロントフォークは当然カーボン製
Image_5

チェーンステイはかなり太めの設計ですが、
Image_6


細めのシートステイがガチガチ感を弱めてます。
Image_7

シマノの入門用ホィールにはハッチンソンエキノクスの組合せ。
Image_8


コンポはシマノクラリス。
初心者には調整の楽なクラリスで充分なんじゃないでしょうか。
結局走りはホィールだしね。
Image_9


サドルはサンマルコのスクアドラです。
Image_10

アルミ特有のキビキビとした走りを楽しめますよ。
パーツをグレードアップしてもフレームが負けてないので長く使えますね。
Image_11
CINELLI イクスピリエンス クラリス完成車
税抜き定価¥110.000

フラットバー仕様だと¥99.000です。

それではまた明日


|

2017年3月17日 (金)

お勧めフレーム

こんにちは、パワーコープです。

先ほどラジヲから聞こえてきましたが週末は3連休なんですね。
天気も良さそうだし、お勤めの方々お喜び申し上げます。

今夜から走り出せば5〜600km、短く東北一周くらい出来るでしょう。
昔の様にスマホやGPSに頼らない気ままなツーリングも一興ですよ。

本日の紹介はコレ
オーソドックなクロモリロードフレーム
Image

コツコツとクロモリにこだわるロイヤルノートン号です。
Image_2


今回はメッキラグにしてみました。
Image_3

箱型シートもメッキしました。
Image_4

傷付き易い右チェーンステイもメッキ
Image_5

パイプは日本が誇るカイセイの8630Rを選びました。
軽量でバネ感がありハイスピードに乗せやすいニッケルクロモリ(CRMO)です。
Image_6


先曲げの綺麗なRが路面の振動を吸収します。
Image_7


ロードはもちろん、小径車でもスポルティーフでもランドナーでもピストでも何でも出来ます。
Image_8
勿論サイズオーダーもカラーオーダーも可能です。

カスタムのクロモリフレームが欲しい方、ご相談ください。

それではまた明日


|

2017年3月11日 (土)

本日のお仕事


こんにちは、パワーコープです。


サイクリング日和の週末となって、本日御来店のお客様も少な目です。
ショップでグダグダしてるより走り回って下さい。

そして明日は今年最初の物見山記録会です。
どなたでもご遠慮無くご参加ください。


本日はじっくりとコレを組んでおりました。
COLNAGO
Image

30数年前の誕生以来輝き続けるマスターXライトフレームです。
Image_2

手の込んだ鍍金ラグもそのまま
Image_3

マスターXライトの代名詞であるストレートフォークはダイレクト感と安定感を併せ持つ稀有なクロモリフォークです。
様々なメーカーが真似しましたが、結局コレを超えるストレートフォークは出てこなかったんじゃないかな。
Image_4

バックフォーク3分の2の鍍金処理は走行中のホィールトラブルからフレームを守ります。
Image_5


こんな処理も気が利いてます。
Image_6

コンポーネントはカンパニョーロのシルバーアテナを選びました。
まだ入るかなあ? 無理だろうなぁ。
Image_7

口コミだけで売れているロルフプリマのホィールですが、今回はクロモリに似合うエランアルファです。
完全アメリカメイドで、高い精度と回転の素晴らしさを誇ります。
受注生産なので納期は凡そ1ヶ月というところでしょうか。
Image_8

クロモリフレームながら走りに徹したホィールとなると、タイヤだって抜かりなくビットリアCORSAをセッティング。
Image_9


ステムとバーはオーソドックスにチネリです。
Image_10


サドルはハンモック構造BROOKSカンビウムC13カーボンレールの穴開きです。
コレはしなって良いですね。
Image_11

歩く時も考えてペダルはクランクブラザースです。
Image_12


バーテープはサドルとお揃いのカンビウムです。少し巻きにくいんですが耐久性抜群です。
Image_13

COLNAGOマスターXライトフレーム
星形断面のジルコ加工でグイングイン進みますよ。
Image_14
税抜き定価は¥330.000です。


クロモリフレームのことなら何でもご相談下さい。

それではまた明日

|

2017年3月 7日 (火)

本日のお仕事

こんにちは、パワーコープです。

なかなか暖かくなりません。
昨日のパリ〜ニースも寒そうでした。
凍えた指先を温めようと必死に腕を振ってる選手も見かけましたが、殆どの無駄な努力でしょう。
チームカーに戻って温かいお湯を手にかけてもらえればいいでしょうが、そんなの用意してないだろうしね、我慢我慢。
プロなんだから寒くても走るのがお仕事。

自転車を組むのが私のお仕事。
本日はコレを組んでおりました。
ニールプライド社は2011年にサイクル部門に参入してきましたが、40年以上にわたるマリンスポーツ業に於いて革新的なカーボン成形技術を獲得しており、あっという間にプロチームが採用するまでのトップブランドの地位を確立してます。
Image_7


コレはNAZARE2という剛性と空力に特化したレーシングモデルです。
ハイモジュラス東レカーボンC6.9を採用した、ハイパフォーマンスエアロロードと言えるでしょう。
Image_8

マリンスポーツで得た空理空論を基に徹底的に細部のデザインに拘ってます。
Image_9


シートステイもやや下げられ、エアロ効果とともに剛性も上げてます。
Image_10


縦長のチェーンステイはパワフルなペダリングにも素早い反応を示します。
Image_11


専用エアロシートポストが付属します。
Image_12

細かいピースを繋ぎ合わせるメーカーが多いのですが、このフレームの後ろ三角は一体成型となってます。
Image_13


メインコンポーネントはシマノ5800を採用してます。
Image_14

ニールプライドNAZARE2
高速巡航からスプリントまで対応。表彰台を狙う方オススメです。
お散歩の方でもどうぞ。
Image_15
フレーム価格 ¥249.800
完成車価格は¥299.800です。完成車のほうが圧倒的にお買得ですね。


明日の水曜日は定休日です。
宜しくお願いします。


それではまた明後日

|

2017年3月 2日 (木)

本日のお仕事


こんにちは、パワーコープです。

昨日の定休日は都内3カ所で展示会。
色々紹介したいモノが多過ぎて、詳しくは後日という事で。

本日はコレを組んでおりました。
TREK
Image


DOMANE SLの完成車です。
Image_2


ドマーネどいえば、TREKだから成し得たISOスピードテクノロジーですね。
シートチューブをしならせようなんて、世界一の開発力と高いカーボン成型技術が無ければ出来ません。
Image_3


ドマーネSLはフロントフォークにもISOスピードテクノロジーを組込みました。
荒れた路面でもハンドリングに気を使わずに走れますよ。
Image_4

500シリーズOCLVカーボンはピュアレーシングモデルほど硬くなく、長距離走で快適に過ごせます。
Image_5


ダウンチューブにはdi2やEPSのバッテリーを収納出来ます。
Image_6

コンポーネントは新型デュラエースです。
9000シリーズでほぼ完成形だろうと思ったら、更に改善というか別物にまで昇華させました。
やはり凄いね、シマノさん。
Image_7

ワイヤー式メカでこれ以上進化するんだろうか?
するんだろうな、4〜5年先にゃ。
Image_8

手が小さくてもゴツくても、分厚いグローブをしてても握り易いレバーです。
Image_9


ダイレクトマウントブレーキはボントレガーオリジナルです。
Image_10

ドマーネらしく標準タイヤは28mmです。
Image_11

サドルは薄めのパッドながらクッション性の高いアフィニティコンプです。
Image_12

TREK DOMANE SL 8
Image_13
税込み定価 ¥559.000です。


それではまた明日

|

2017年2月27日 (月)

新入荷

こんにちは、パワーコープです。

ますお知らせから。
昨年より奇数月開催となった物見山6耐ですが、次回は3月12日とさせていただきます。
ダラダラ走ってる記録会で、どなたでも参加OKです。
もう各イベントだらけなので何とか12日という事でご了解下さい。


さて本日の紹介はコレ
TIME
Image_14


SCYLON(サイロン)
フランス語も英語も日本語さえも疎いのでサイロンとは読めませんでした。😅
Image_15

サイロンアクティブフランスエディションフレームです。
Image_16

アクティブとは特許技術のアクティブ・マス・ダンパーをフォークに内蔵し、路面のショックをある一定の周波数帯でダンパーが振動する事により減衰効果を発揮する画期的システムの事です。
フォークだけの効果ではなく、シート、ステム、ハンドルに伝わる振動さえも減少させます。
Image_17


タイムだけのRTM工法はカーボンとヴェクトランというポリアミド繊維を組合わせ、有るべき箇所に正確に配置し金型に入った状態で樹脂を注入し、高強度、超軽量、快適性を実現しました。
他社のようにプリプレグシートを重ねるのではなく、高い技術を必要とされる100%フランス製です。
Image_18

フランスバージョンですからステムとハンドルにもトリコロール
Image_22


フォークコラムの赤がヴェクトランです。
Image_23


1個¥7.000のカーボンボトルケージが2個付いてます。
Image_24

限定バージョンですから輸入元の残りもあと僅かです。
Image_25
TIMEサイロンアクティブフランスエディション
税抜き定価¥700.000です。


それではまた明日

|

2017年2月 9日 (木)

本日のお仕事

こんにちは、パワーコープです。

しかしロシニョールって会社は大きいんですね。
TIMEに続いてFELTまで吸収するとは驚きです。
両社の長所を伸ばしながら、自社ブランドも立ち上げるのであれば歓迎です。


寒いしお客様も少なかったのでコレを組んでおりました。
DEROSAの中で
Image

売れ筋ナンバーワンのアイドルてす。
Image_2

アイドルといえばトップチューブからシートステーへ繋がるラインが見事です。
Image_3


チェーンステイは綺麗なウイッシュボーン形状です。
Image_4

ネーミングとフォルムの美しさから華奢な印象を与えますが、この6角形のダウンチューブがペダリングパワーを逃がさず全て推進力に変換します。
Image_5


フロントフォークも戦闘能力の高さを如何なく発揮し、フルブレーキングやスプリントでも安定したハンドリングを約束します。
Image_6

コンポーネントはカンパニョーロのコーラスを選びました。
Image_7

4アームもすっかり見慣れてきました。
Image_8

ボディはフルカーボンです。
Image_9

サドルはデローザオリジナル
Image_10


ホィールはとりあえずシロッコ。
いずれご自分の走りに似合ったモノにグレードアップすればいいんじゃないでしょうか。
Image_11
デローザ アイドル
イタリアの雰囲気を纏った華麗なレーシングマシンです。
フレーム定価は税抜き¥268.000
ディスク仕様は¥298.000です。


DEROSAの事なら何でもご相談下さい。

それではまた明日

|

より以前の記事一覧