フレーム、完成車

2017年10月17日 (火)

定番

こんにちは、パワーコープです。


時が経つのは早いもんで、いつの間にやら日の暮れが早まっております。
今日も1日いつもの様にコツコツと依頼仕事を片付けてます。
好きな事に打ち込め、適度に走れて、歳をとるのも悪くありません。
もうね、欲も得もありません。通勤時間に雨が降らない事だけがささやかな楽しみです。

本日の入荷はコレ
クロモリフレームの定番トマジーニ
Image1

定番モデルのシンテシで、定番カラーの白です。
Image2

定番カラーにはもう一色ブルーも用意されてます。
Img_2972

チューブ(パイプ)はニバクロームのコロンバスニューロンです。
硬くてしっかりした踏み心地で評判の高く、フニャフニャしてないのでカーボン並みに進みます。
Image3

細かい部分までイタリアの工房の情熱を感じます。
Image4

ブレーキは内蔵式です。
Image9

シートラグもオリジナル
Image6


チェーンステイもシートステイもメッキなので乱暴に走っても傷の心配不要。
Image5

メタルのヘッドバッジが有難い
Image7

フロントフォークはオールメッキのトマジーニエアニバクロームです。
Image8


定番フレームの定番カラーは即納可能ですが、定番サイズは49、51、53の奇数です。
コレはイレギュラーの52なので数ヶ月お待ち頂きました。
Image1_2
画像のモデルで¥300.000

その他 ラグメッキ無しで右チェーンステイのみメッキだと¥280.000
全てメッキ無しだと¥270.000 です。

また、カスタムサイズオーダーは¥20.000
デザインオーダーは¥30.000でお受け賜わります。


明日の水曜日は定休日です。宜しくお願いします。

それではまた明後日


|

2017年10月15日 (日)

塗装


こんにちは、パワーコープです。


今日はさすがに走って御来店の方はいらっしゃらいませんでした。
明日も明後日も雨なんだとか。困りました。
せっかく夏場ベスト近くまで減らした体重がジワジワと元に戻ってます。困りました。

本日の入荷はコレ
本当は入荷じゃなく再塗装の出来上がりです。
Image1


C社のアルミもピカピカ
Image2

B社のクロモリもピカピカ
Image3


Dd社のSC61アルミは2トーンに。
Image4


お手持ちのフレームが古くなって傷だらけになったり、色の趣味が変わったりしたら再塗装出来ますよ。
ほぼ3週間程度でしょうか。

気兼ねなくお持込み下さい。


それではまた明日

|

2017年10月10日 (火)

新入荷

こんばんは、パワーコープです。


土日月の3連休を避けて今日からお休みされる方が御来店されました。
混雑するサイクリングロードや山間部を考えたら平日ライドは正しい選択ですね。
勤務シフトが自由になる大手企業にお勤めだからなんでしょう。羨ましい。

零細企業ではありますが、パワーコープも晴れた日は休業にして雨の日とか、週末だけの営業にしようかねぇ。

本日の紹介はコレ
TREKと共にカーボンフレームテクノロジーで世界をリードするTIME。
Image1


ピュアレーシングモデルのSCYLON。
TIME社カーボン縫製技術が爆発的な加速を可能にし、リズミカルなペダリングで風に向かって突き進みます。
(TIMEは自社でカーボン繊維を編んでシートにしています)
Image3

アクティブフォークはアクティブ・マス・ダンパーを内蔵し、振動の発生箇所、しかも可能な限り路面に近い箇所で減衰効果を発揮させる事に成功しました。
ある一定の周波数帯でダンパー本体が振動する事により、シート、ステムそしてハンドルに伝わる振動を30%も減少させるのです。
マウンテンバイクに於けるサスフォークみたいなもんです。
Image5

限定モデルのフランス🇫🇷エディションです。
Image4

あえて宣伝してませんが、とっくに左右非対称です。
Image7

カーボン製フレーム製造に最も適したRTM工法を採用し、オリジナルのベェクトランと組合せたのはTIME社のみの技術であり、フランス、リヨン郊外に位置するタイム社が自社で開発したものです。
RTM工法は軍用、民間の航空機だけでなくフォーミュラワンやモトGPに於いても形状の自由さや品質の安定に寄与してます。
Image8


プラスフィットBBシェルですが、精度が高いのでC社みたいに鳴りません。
Image9


専用シートポストが付いてます。
Image10


TIME SCYLON アクティブフォーク フランスエディション
Image1_2

TIMEの事なら何でも御相談下さい。


明日の水曜日は定休日です。宜しくお願いします。


それではまた明後日

|

2017年10月 9日 (月)

本日のお仕事

こんにちは、パワーコープです。

3連休の最後とあって今日は多くのサイクリストが走ってましたねぇ。
やはりどう見てもライダーの平均年齢はやや高めでしょうか。
借金だらけの国庫の為にも中高年は病気にならないよう頑張りましょう。

本日は開店一時間半前から3時間かけてコレを組んでおりました。
箱から出してそれで終わりじゃないんですよ。
あれこれ手を入れないととても売り物になりません。
5万円の自転車でも100万円でも全てのメーカーの組立を信用してませんので、全てやり直します。
と言う事でTREK。
Image1


EMONDA SL 6です。
特別な仕掛けは無いんですが、剛性と推進力の絶妙のバランスが素晴らしいEMONDA SLです。
Image2


EMONDA SLRの様に超絶軽量ではありませんが、500シリーズOCLVカーボンの安心感と高い剛性を生みだす90mm幅BBシェルです。
Image3


カーボンのシートマストキャップは、ノーマル形状のカーボンシートポストに比べると20%もの振動吸収性を発揮します。
Image9


コンポーネントは最新の8000系アルテグラです。
Image4


落車に強いシャドータイプのリアディレイラーとスプロケットは11〜28です。
Image5


ダイレクトマウントブレーキは軽量なボントレガーのスピードストップです。
Image8

当然便利なデュオトラップセンサー対応です。
Image7


ホィールはチューブレスに対応するparadigmで、タイヤはボントレガーハードケースライトの25mmです。
Image6


ハンドルバーはボントレガーエリートVR-C。
ステムは先端に拡張パーツがいろいろ取り付けられるボントレガープロです。
Image10

500シリーズOCLVカーボンですから、何年か前にはプロが使ったトップモデルにも使われた素材です。
進化したとは言え安くなりましたねぇ。
Image1_2
TREK EMONDA SL 6
¥297.000です。実売価格はお問合せ下さい。

(全てのメーカーの組立を信用してないと書いたんですが、先日殆ど無名の台湾新興某メーカーの組立は素晴らしかったですねぇ)

それでまた明日

|

2017年10月 7日 (土)

本日のお仕事

こんばんは、パワーコープです。


今夜はイル・ロンバルディア。見てるぶんには楽しいけど、最大勾配27%も含まれるコースだそうで、シーズンオフ寸前の選手達には辛いレースですね。
最後のひと稼ぎと頑張ってしまうのか、例年落車が多い気がします。

明日明後日は良い天気。日本の皆様も油断せず落車には気をつけて下さい。

本日はコレを組んでおりました。
DEROSA
Image1


ピニンファリーナデザインのデローザSKです。
ピニンファリーナの名声を若い子は知らないのかな?
ちなみにこの紺/金カラーは日本限定で、もうすぐ終わります。
もうひとつちなみにナノグラスコーティングしてますので、ツルツルです。
Image2

ワイヤーはフル内臓です。
Image8


コンポーネントはカンパニョーロレコードです。
Image3

違和感のあった新型リアメカも目が慣れてきました。
Image5

バーは日本人の手にベストフィットするワンバイエスのJカーボンネクストを選びました。
Image6


ダイレクトマウントブレーキはデローザオリジナルです。
Image4


タイヤはパンクしづらく、路面抵抗も少なく、振動吸収性に優れたIRCチューブレスライトです。
Image7


サドルはセラ・イタリアのSLRです。
私もかなり長い間愛用してました。
Image9

エアロ風のデザインですが、下からの突き上げも少なく平地も登りも快適に走れます。
レースシーンなら万能じゃないですかね。
Image1_2

DEROSA SK フレーム
税抜き定価は ¥348.000です。
他メーカーのトップモデルと比べるとお買得ですね。
(¥348.000を安いなんて言うのも気が引けるけど)


それではまた明日

|

2017年10月 1日 (日)

昨日のお仕事

こんにちは、パワーコープです。

穏かな天気の日曜日。さすがに今朝の通勤路にもサイクリストが多かったですね。
秩父方面に行かれた方も多数のもようです。
週末ドライバーさんも多いでしょうから、行楽地近辺のお車にはご注意下さい。

山練の帰り道、サイドミラーを確認せずに左折で駐車場に入った女性ドライバーさんの車にぶつけられたお客様がいらっしゃいます。
たまたまドライバーさんが若くて綺麗だったので痩せ我慢でその場を立ち去ったそうですが、打ち身のアザは1月くらい残ってました。

私だったら許しませんよ、いろんな意味で。

本日は昨日のお仕事でも。
先日少し説明したクロモリフレームを完成車にしました。
Image1


なかなか綺麗な仕上げでしょう。
Image2

シフトコンポーネントはSRAMのeタップです。ご存知ですね、無線の電動シフトです。
チェーンホィールもSRAMレッドのカーボンです。
無線ですからクロモリでも何でも取付けられます。有難いですね。
Image3

リアメカです。
後部の黒いのがバッテリーでフロントメカと共用出来ます。
Image4


ブレーキもSRAMレッドです。
Image6


非常に握り易いレバーです。好きだなぁ。
Image5

快適なクロモリフレームと、簡単操作のeタップですから、タイヤだってチューブレスにしました。
Image7


今年の夏ころから人気が出てるアスチュートのサドルです。
なかなかいい値段なので一気には広まりませんが、口コミで評価が高まってるようです。
Image8

ゴールドをポイントにしたカラーコーディネートなので、ペダルもゴールド。
Image9


クラシックなイタリアクロモリフレームと違い、最新パーツで組むのも趣きがありますね。
Image1_2

クロモリフレームの事なら何でもご相談下さい。


それではまた明日


|

2017年9月28日 (木)

速報

こんにちは、パワーコープです。


いよいよ残る目ぼしい大きなレースは沖縄と、先日雨で中止となった王滝の11月順延戦くらいでしょうか。
参加予定の方は万全の態勢で準備して下さい。

アマチュアには引退はありません。とことん楽しみながら生涯現役を目指して走りましょう。


本日は各メーカーの速報から。
まずはTREKの限定MTBモデル予約受付中のお知らせです。
カタログにも載ってない【限定受注】 のRoscoe8です。


以下TREKジャパンさんの説明
期間限定で、Roscoe8(ロスコ)の受注を行わせていただきます。
X-Caliberのフレームを使い、よりアグレッシブな走りが出来るマウンテンバイクが登場します。
27.5plusタイヤ、120㎜フォーク、ドロッパーポストにより、アクティブにトレイルを楽しめるハードテイルバイクに仕上がっています。

詳細は以下の通りとなります。
Roscoe8
標準小売価格: 139,000円(税抜)
サイズ展開: 13.5, 15.5, 17.5, 18.5, 19.5, 21.5
カラー: Roarange
受注期限: 10月20日(金)
予定納期: 2018年2月

主な特徴
27.5 x 2.8 tires
Boost 120mm travel forks (Rockshox Judy Air Silver 29 120mm)
750mm Handlebar x 50/60mm stems
Dropper posts (TransX YSP15 Dropper Post)

¥139.000とは安い❗️
Img_2709

続きましてはDEROSAさんからのお知らせです。
ディスクブレーキ対応フレームが新たに3モデル発表されました。
まずは旗艦モデルプロトス

PROTOS disk
●PROTOS disk
サイズ:45・47・49・51・53・55・57・58.5
カラー:Grey Orange Matt・Black Red Matt・Mud Blue Matt・Green Yellow Matt
価格:690‚000円(本体価格)
Img_2710

そして
●SK Pininfarina disk
サイズ:46・48・50・52・54・56
カラー:Rosso Vulcano
価格:388‚000円(本体価格)
Img_2711


最後にクロモリフレーム
●CORUM disk
サイズ:BLACK LABEL(カスタム)
カラー:Antracite
価格:475‚000円(本体価格)
Img_2712

全て御予約受付中です。

それではまた明日


|

2017年9月26日 (火)

本日のお仕事

こんにちは、パワーコープです。


我がチームが契約してる林檎農家さんの今年の収穫物をSS木さんが運んで下さいました。
林檎常食の私としては何個あっても困りません。これで千円とは安いもんです。
Img_2696


運良く台風が避けたそうで過去最高の出来高だそうです。
それにしても1本の木からこんなに採れるとは驚き‼️
写真はSS木のブログより。
Img_2708_2


本日はコレを組んでました。
TREK完成車
Image2

エモンダSL5です。
完璧なバランスと驚異の反応性を持つ走行性はプロでも納得させるパフォーマンスです。
Image3


安心の500シリーズOCLV工法カーボンですから、体重制限も無しで永久保証です。
Image4

ドライブトレインはシマノ5800シリーズです。
Image5

不思議なもんで11〜28が普通に見えてきました。
Image6


チューブレス対応のホィールには25mmタイヤがはまってます。
不思議なもんで25mmが細く見えてきました。
Image7

ブレーキはダイレクトマウントタイプなのでガツンと効きます。
Image8

サドルはやや柔らかめのボントレガーMontrose Compです。
Image9

ステムはボントレガーエリートで、バーはボントレガーレースです。
Image10


エモンダカーボンフォークは軽量で振動吸収性も高く、横剛性もしっかり確保してます。
Image11


TREK エモンダSL5
無駄を排除するという設計思想どうり、シンプルに乗りやすさを追求してます。
Image2_2
定価 ¥213.000とはお買得ですねぇ。

明日の水曜日は定休日です。宜しくお願いします。


それではまた明後日

|

2017年9月22日 (金)

本日のお仕事

こんにちは、パワーコープです。



クリップ&ストラップ付きペダルの頃からの習慣で、常にシューズががっちりとペダルに固定する様にバックルとボアダイアルを走りながらギッチギチに締め付けていたら左足の甲が腫れ上がってしまいました。
何事もほどほどにしなければと反省。

ついでにアッパーが伸びてしまったという事でマイシューズを新調しました。
単なる真っ白なSIDIですが、せっかくバックルやベルトのカラーが選べるのでアレンジしております。
バックルもインステップ部も8色ラインナップされてます。皆さんも楽しまれてはいかがでしょうか。
Image1


Image1_2


本日はコレを組んでました。
TREK完成車
Image1_3


クロスリップ2です。
シクロクロスとトリップをごちゃ混ぜにした様ユーティリティバイクでしょうか。
Image2


メインコンポはシマノティアグラです。
Image3


スプロケットは11〜34というワイドレシオ。初心者にもツーリストにも有難い設定です。
Image4


路面を選ばないフレームですから、フロントフォークは安心のカーボン製です。
Image5


シフトワイヤーは内蔵式です。
Image6

ブレーキはTRPのメカニカルディスクです。
年々効きが良くなってますね。
Image7


補助レバーが付いてるのでダラダラ走りに助かります。
Image8


ボントレガーのチューブレス対応リムには700X32Cタイヤ。
まだまだ余裕があります。
Image9

路面を選ばないジオメトリーと十分なタイヤクリアランス。
通勤からロングツーリングまでお好きな様にカスタムして下さい。
Image1_4
TREK クロスリップ2
¥148.000です。


それではまた明日

|

2017年9月18日 (月)

本日のお仕事

こんにちは、パワーコープです。

先ずはお知らせ。


11月11日(土曜日)は臨時休業とさせて頂きます。宜しくお願いいたします。‼️


もう一つお知らせ。
発売前から人気が出てるボントレガーのヘルメット、新型バリスタmipsとサーキットmipsの入荷が遅れます。すみません宜しくお願い致します。
Img_2568

Img_2569

Img_2570

Img_2571


本日は少し変わったクロモリフレームを組み立て中です。
チューブ(パイプ)はコロンバスのTHRONですから、標準的な硬さでしょうか。
Image1_2

仕上げが綺麗でしょ。シートポストはトムソンです。
Image4


ヘッドはオーバーサイズで、ヘッド小物はクリスキングを選びました。
Image5


チェーンステイはSベンドしてます。
Image1_3

ブレーキワイヤーは内蔵式です。
Image2


フロントフォークはコロンバスのカーボンです。
Image3

モデル名はFOLGORE。残念ながら多分2度と入荷しません。
輸入元さんの気が変われば入るかも。
Image4_2


BBタップ立ては不要なほどキッチリしたフレームなので、フェイスを軽くさらうだけでした。
Image3_2

クロモリフレームの組立てなら何でもご相談下さい。


それではまた明日

|

より以前の記事一覧