シューズ

2017年6月11日 (日)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。

本日はお客様も多く参加されてる富士ヒルです。
何しろ完走率99%という日本一ユルイ大会なので、初心者の方からシリアス派まで大人気ですね。

去年の森本さんも立派な新記録ですが、果たしてフルーム選手やキンタナ選手が登ったら何分なんでしょうか。
おそらく勾配からすればアウターのままゴールして、53分台だと予想。
Img_1065


Img_1066

コレは反ドライブ側スポークを全交換したBORA TWOです。
俗に言うリッチマンBORA。相変わらずスルスルと良く回ります。
定期的にスポークが折れる様になったら寿命が来たということ。全交換しましょう。
Image2


本日の紹介はコレ
Giro
Image1


やっと入って来たEMPIRE SLXのウルトラバイオレットです。
Image2_2

新しいプレミアムEVOファイバーSLはワンピースアッパーで抜群の通気性を誇ります。
EMPIREレースは軽量ながら、緩むことなく高耐久です。
Image3


Easton EC90 SLXハイモジュラスカーボンアウトソールは異次元のフィット感と硬度や構造がペダルにフルパワーを伝えます。
Image4

X-Static抗菌ファイバーインソールはアーチサポート調整付きです。
Image5


厚さの違うインソールとアーチサポートの白のレースが付属します。
Image6


レースの移動時や保管に便利なバッグも付属です。
Image7

Giro EMPIRE SLX は42.5でたったの175g❗️
1日に何万回転もしてるんだからシューズだって軽いほうが良いに決まってます。
Image2_3
定価 ¥39.800ですが実売価格はお問合せください。


一昨日始まったトレックのサマーセールですが、在庫分の大特価は当店に残ってるだけで終了です。
お早めに〜
Img_0995

それではまた明日


|

2017年5月29日 (月)

新入荷

こんにちは、パワーコープです。


ジロ最終日、デュムラン選手が予定どうりTTで逆転優勝しました。
日本人があの表彰台に乗るのは永遠に無理だなあと思っていたら、インディ500で佐藤琢磨選手が勝ってしまいましたねぇ。
ジロの総合優勝に匹敵する歴史的快挙でしょう。

今や車には全く興味が有りませんが、少年の頃はご多聞にもれずインディ500には熱中してました。
A・Jフォイト、ジム・クラーク、アル・アンサー、懐かしいですね。

佐藤君は高校の頃から自転車競技で素晴らしい才能を発揮してたので気にしてたのですが、いつの間にか名前を聞かなくなって忘れてしまった頃、いきなりレーシングドライバーになったよと聞いてビックリ!

W大学で自転車競技を一緒にやってた方に聞いたら、日本に帰ってる時も筋トレばかりしてます、と言ってました。
レーシングドライバーはただ座ってハンドルを回してるだけじゃないんですね。
強力なGに耐える身体を作ってないと、走行中に気を失ってしまうそうです。

彼の根性と身体パフォーマンスを考えると、ジロでもツールでも走らせたくなりますね。
小柄だしキンタナ選手と同じように登れるんじゃないかねぇ。


本日の紹介はコレ
DMT
デザイン、マテリアル、テクノロジーで世界のトップ水準を実現したディアマンテ社のシューズです。
Image1

ロード用プレミアムエントリーモデル R5 です。
Image2


ワンクロージャーシステムなので簡単フィット
Image3

日本製マイクロファイバーのアッパーは過酷な使用にも型崩れしません。
Image5

高級シューズに相応しい袋縫は、ソールの両サイドに縫い目は無く、まるで丸い袋の様に足を包み込む構造です。
Image1_2

アウトソールは30%グラスファイバーのナイロン素材です。
ヒールカウンターはポリウレタンとカーボンの2層構造です。
ガチガチのソールよりやや柔らか目のほうが力が伝えやすいと、SACRAさんはおっしゃってますが。
どうなんでしょう?
Image7


当然ラバーヒールは交換出来ます。
Image2_2


アジアンフィットと謳ってませんが幅広です。
Image8


価格的にはエントリーモデルですが、高級モデル並みの作りです。
Image2_3

DMT R5
定価は¥19.800です。安い!


それではまた明日


|

2017年3月 5日 (日)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。


いよいよ今夜からパリ〜ニースが始まります。
春を告げるレースという形容詞ながら、まだまだ寒いステージが入り込むのが通例となってますね。
総合系がそこそこ本気で走り始めるでしょうから楽しみです。
寝落ちせずに頑張りますよ。


いろいろ紹介したいモノは有りますが、本日の入荷はコレ
オススメするGiroのシューズです。
Image

コストパフォーマンス抜群のRUMBLE VR です。
Image_2

ビブラムソールのSPD対応で、快適に歩行出来る万能シューズです。
Image_3

高品質通気性合成ファイバーのアッパーに、伸びないシューレースでがっちりと足をホールドします。
Image_4


余ったレースはタン上のゴムに挟み込んでおけばチェーンに絡みつきません。
Image_5


幅はやや広めです。
Image_6


厚めのソールですからパワフルなペダリングでもビクともしません。
Image_7


紐式(レースクロージャー)のじわーっと締まる感覚を是非お試し下さい。
輸入元のアンケート結果では95%の方が満足だったそうです。
Image_8
Giro RUMBLE VR
税抜き定価 ¥12.600です。

コスパ抜群でしょう。


それではまた明日


|

2017年2月20日 (月)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。

たまに御来店頂くお客様で、日本語ペラペラなスペインの方がいらっしゃいます。
欧米人らしく自分の意見をハッキリ言われ、なあなあで済ましがちなの日本人には御尤もなお話をして下さいます。
熱心に走る方なので、逆走自転車や公道で並走するレーサー達に厳しく注意されてきたようですが、一向に好転しない現状にもう諦めたとの事です。
日本人として何とも耳の痛い話ですが、集団による恥は掻き捨て文化は先祖代々からの血なんでしょう。
反省反省。

と書いてきたところで何処やらの宗教の勧誘が来やがった。
彼奴らは何言っても自説を曲げないねぇ。自分達の信じる道こそ真実なんだそうだ。トランプ並みの頑固さだよ。
信じれば心休まる来世が約束されるんだそうだ。オメデタイねぇ。
何を信じるか、何に平伏すのかは個人の自由として保証されてますから勝手にやって下さい。
ただしそれを他人に押し付けるなって事ですよ。
忙しいのに腹立つ〜。

自転車教もあまり押し付けちゃいかんね。


心を落ち着けて本日の紹介はコレ
熱心に走られてる方にリピーターが多いBMZのキュボイドバランスインソールのニューモデルです。
BMZはソチ五輪で多くのメダリストが使用してた事でウインタースポーツ界ではメジャーなブランドです。
Image_6

見た目じゃ分からないでしょうから、
以下メーカーの説明文

足の「安定性」と「運動性」の起点となっている「立方骨」を中心にサポートすることで、足や体の骨格バランスを適正な状態へと近づける BMZ cuboid balance(キュボイドバランス)。cuboid とは立方骨のことで、この人の運動を司る上で重要な骨は、小指の付け根あたりにあります。
bmz
足の構造から考えると、「内側部」は「外側部」の上に乗る形で機能しています。また、安定性をつかさどるグループは外側部です。その外側部のアーチの中心にある骨は立方骨です。つまり、外側部のアーチの頂点に位置する立方骨を下方から支えることで、外側部のコンパートメント(土台)が安定し、その上に乗っている内側部のコンパートメント(運動部分)はさらに動きやすく、趾も使いやすくなります
cuboid calance の理論は、cuboid(立方骨)を中心にサポートする事で、足裏の内側に運動性・外側に安定性を持たせるものです。BMZ はインソールを通して cuboid balance を実現。スノースポーツから陸上競技、トライアスロンまで多くのアスリートから愛用され、我が国からもメダリストを生み出す原動力になっています。

新しい BMZ のインソールは、cuboid(立方骨)の他に踵骨(しょうこつ:かかとの骨)を支え、力の伝達率を向上させるパワー系のサイクリストにお勧めする M- Tune、そしてロングライドに最適な、つま先部分が薄く柔らかい V-Tune のふたつです。

インソールも機能パーツのひとつですが、まだまだ試していないサイクリストも多いと思います。また、インソール経験者であっても cuboid calance 理論を知らない、または体感したことがないサイクリストも多いはずです。まずは販売店の皆さんから、是非ともお試しください。その効果をご存知の皆さんは、パワーとロングライドに特化した新しい BMZ を是非ともお試しください。
Image_7


立方骨とはココです。
Image_8

この○印の部分がポイントなんです。
Image_9

今回入荷したのはロングライドに適したVチューンです。
Image_10

旧モデルですが私も毎日使ってます。
敏感な方は履いてすぐに効果が分かるとおっしゃいますよ。
Image_11

今までの様なアーチにぴったり合わせない画期的なインソール
BMZ キュボイドバランスインソール
Image_12
ロングライド用 Vチューン
税抜き ¥6.800です。


それではまた明日


|

2017年2月14日 (火)

新入荷

こんにちは、パワーコープです。

太平洋側は概ね好天気みたいですが、山陰地方は記録的な豪雪だそうです。
松江のS川様、福井のT田様、頑張って下さい。
有難い事ですが日本各地にお客様がいらっしゃるので、天変地異には敏感になっております。
沖縄から北海道の端っこまで、一度でも通販をご利用頂いたお客様の住所は不思議な事に惚けた頭にも残ってます。


本日も沢山荷物が届いておりますが、コレでも紹介しましょう。
ボントレガーロードシューズです。
Image


プロレーサーも履くトリプルXロードシューズです。
Image_2

部位によって締めつけを調整出来る2ボアダイアルと1ベルクロシステムです。
アッパーはマイクロファイバー製で軽量でありながら伸びに強い素材です。
Image_4

ヒールカップの裏地は滑り止め付きなので、踵の貧弱な多くの日本人には有難い。
Image_5


プラチナシリーズカーボンソールはボントレガーの中で最軽量かつ最高剛性です。
Image_6

ヒールプレートは交換可能。
14とは剛性指数です。
Image_7

ボントレガートリプルXロードシューズ
税込み ¥39.900です。
Image_8


続いてはコレ
ヴェロシスロードシューズです。
Image_9


ヴェロシスロードシューズは幅広設計です。
Image_10

締めつけは1ボア1ベルクロです。
アッパーはライトニングメッシュパネル付きの合成皮革です。
Image_11


ソールはシルバーシリーズカーボン/ファイバーグラスコンポジット製です。
剛性指数は10なのでトリプルXより多少柔らかと言う事。
Image_12


幅広でロングライドに適したヴェロシスロードシューズ
税込み定価 ¥27.900です。
Image_13


明日の水曜日は定休日です。宜しくお願いします。


それではまた明後日


|

2017年2月11日 (土)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。


今日はやたらとランナーを見かけます。
東京マラソンに当たった方ばかりじゃないんだろうけど、皆さん懸命に頑張ってます。
特にお若い女性が目立つのですが、ブームなんでしょうね。

業界内の話では若い女性の自転車ブームは終わったらしいのですが、手軽に始められるランニングは趣味として健康法としても長続きするんでしょう。


本日の紹介はコレ
紐式シューズ復活の立役者GiroのリパブリックLXです。
Image


しなやかな高級レザーで継ぎ目無しのアッパーです。
Image_2


インジェクテッドナイロンのアウトソールに2ボルトクリートマウント。
Image_4

伸びないシューストリングがスプリントでも引き足でもガッチリとホールドしてくれます。
Image_5


GiroリパブリックLXは税抜き¥24.600です。
Image_6


続いてはコレ
Giroのリパブリックです。
Image_7

アッパーはマイクロファイバーの高品質メッシュ素材を使ってます。
Image_8


ヒールカウンターはマイクロスェードです。
Image_9

Giroリパブリックは税抜き¥18.000です。
Image_10

ここでお知らせ。
Giroリパブリックシリーズは2ボルトクリートマウントですが、一部シマノSPDペダルにはフィットしません。
ですからお勧めはクランクブラザースという事です。
慣れたらこんなに脱着が簡単なペダルはありませんね。
Image_11

それではまた明日


|

2017年1月28日 (土)

新入荷

こんにちは、パワーコープです。


気が早いけど、春のような日差しを受けるとどうしても桜の蕾を見上げてしまいます。
世界各地でロードレースが始まると春のクラシックが待ち遠しくなるようなものか。

そして今年からアシストの役目をこなしながら本格参戦している窪木選手がそれほど苦しんでる様子を見せてないのが頼もしいですね。


本日の入荷もコレ
リンタマン
Image_10


今回入荷分はアジャストロードプロプラスです。
Image_11


クラリーノ製アッパーを2ダイアルで横幅から爪先までフィットするのはアジャストロードプロと同じ。
Image_12

何がプラスかというとヒールカップが可動式‼️なんです。
つまりハーフサイズで選んでた今までのシューズ選びの常識を飛び越え、完全にカスタムサイズになるんです。
Image_13


後ろのダイアルを回すと
Image_14


ヒールカップが前に上に動いてジャストフィットします。
欧米人に比べて踵が貧弱でシューズ内でグラグラしてしまう日本人には朗報です。
Image_15

当然100%カーボンファイバーソール。
ソールを見ると幅広なのがよく分かりますね。
Image_16


厚さの異なるインソールがオマケです。
Image_17

オーダーシューズの様なフィット感が得られます。
リンタマン アジャストロードプロプラス
Image_18
税抜き定価 ¥36.000です。

それではまた明日


|

2017年1月26日 (木)

新色


こんにちは、パワーコープです。


手の掛かる仕事に没頭していると、あっという間に夜になっております。
いつもと同じ作業なんて一度も無く、日々試行錯誤の繰り返しです。
手順や工具を変えてみたりしながらベストな出来上がりを目指しております。

夜になるのも早いけど歳をとるのも早いねぇ。シミジミ。

本日の入荷はコレ
新色登場の発表からだいぶ時間がかかりました。リンタマンのシューズ。
Image

まずはアジャストロードプロ。
Image_2


横幅はこのボアダイアルで
Image_3

爪先のダイアルで長さも調整出来ます。
Image_4

100%カーボンファイバーソールです。
Image_5


リンタマンの優れてるのはワイヤリングのレイアウトを変えられるところです。
ですからどんな足幅でも合わせられるんですよ。
Image_9

リンタマンアジャストロードプロは税抜き定価¥29.500です。
Image_10


2点目はアジャストロードコンプです。
ボアシステムはプロと同じ。
Image_11

ソールが30%グラスファイバー強化ナイロン製となります。
Image_12


リンタマンシューズには厚さの異なるインソールが付属してます。
Image_13


リンタマンアジャストロードコンプは
税抜き定価¥19.800です。
Image_14

幅広甲高で合うシューズが無いとお嘆きの皆様是非お試し下さい。

それではまた明日

|

2016年12月25日 (日)

新入荷


こんばんは、パワーコープです。

本日はクリスマス。
店の向かいにあった不二家さんが無くなり、ケーキ目当ての方も見かけず中浦和は淋しい年末です。
どこかの統計でさいたま市民はケーキ類に費やす金額が日本一なんだそうです。
自慢していいのやら恥ずかしいのやら。
Image

本日もいろいろ紹介したいモノは多いのですが、やらなきゃならない仕事が詰まってるので簡単に。
Giro
Image_2

紐式シューズの最高峰EMPIRE VR90です。
Image_3

強力なワンピースアッパーです。
横からお分かりのように
Image_4


SPD用のソールです。
Image_5


ソールにはイーストンのハイモジュラスカーボンとビブラムゴムとのコラボで軽量ながら高い耐久性を誇ります。
Image_6

抗菌ファイバーのX-Staticインソールには3種類のアーチサポートが付属します。
Image_7


スペアの紐と激しいコース用のスパイクも付属です。
Image_8


さらに遠征用バッグもオマケです。
Image_9


軽さにこだわりDリングもチタニウム製。
42.5サイズで198g❗️ SPD用じゃ信じられない軽さです。
Image_10
本気でダートを走る方でも、気軽に歩けるシューズをお求めの方にもお勧めします。
耐用年数を考えたらお買得でしょう。

税抜き定価¥32.000 です。


それではまた明日

|

2016年12月10日 (土)

新入荷

こんにちは、パワーコープです。


今年の冬は風の強い日が多いですねと、毎年の様に言ってる気がします。
若い時は風なんか気にならなかったんでしょう。

本当に辛い空っ風はこれからですね。我慢我慢。


本日の入荷はコレ
Giro
Image

ニューモデルシューズ
SENTRIE TECHLACEです。
Image_2


上級レベルのパフォーマンスを靴紐の快適さやストラップの利便性と併せて提供し
Image_3


mm単位で締めつけ調整出来るBoa L6ダイアルは確実な固定を受け持ちます。
リリースは上に引っ張るだけ。
Image_4

溶着・圧着のアッパーは軽量で通気性に優れます。
Image_5


幅広設計なので日本人でも大丈夫。
Image_6

Easton EC70カーボンコンポジットアウトソールは効率の良いペダリングを手助けしてくれます。
Image_7

Giro SENTRIE TECHLACE
Image_8
税抜き定価 ¥32.000です。

それではまた明日

|

より以前の記事一覧