ホイール

2017年6月16日 (金)

再入荷


こんにちは、パワーコープです。


今夜は雷雨と脅されおとなしく車出勤です。
案の定さいたま市は午後5時現在降っております。
ジテツーの方のお帰りはご注意下さい。


さて今度の日曜日は父の日だそうです。
先ほど75歳の父上へのプレゼントにサマーグローブをお買い上げのお客様が来られました。
ゆっくりだけど今でも親子一緒に走られるそうです。
何と素敵な関係なんでしょうか。羨ましい限りです。

小さい頃からあちこちサイクリングに連れてってくれた我が父ですが、結局親不孝のまま逝ってしまいました。今更反省しても石に布団は掛けられず。


本日の紹介は再入荷のコレ
大人気らしくしばらく欠品しており失礼しました。
Image1


NET記事のインプレでも断トツのコスパとの評価を得たALEXリムのALX473ホィールです。
数々の他社ホィールを製造するALEXならではの技術力で、リムも独自開発の特殊アルミ合金(EXA)を使用してます。
強度、剛性、耐久性、全てにおいてハイパフォーマンスを発揮します。
Image2


リアハブには4つのシールドベアリングを搭載し滑らかな回転と耐久性を誇ります。
エアロスポークと30mmディープリムの空力性能で驚くべきスピードの伸びを体感出来ます。
Image3

もちろんベアリングは日本製
Image4


22mmのワイドリムなのでトレンドの幅広タイヤにも対応します。
リムセンターが凹んでるようにチューブレスタイヤも取付られます。
Image6

1.400g台のアルミホィールならNo1でしょう。
Image1_2
ALEXRIM ALX473

¥46.000 安過ぎ❗️

次はいつになるか分かりませんよ。


それではまた明日

|

2017年6月 5日 (月)

新製品


こんにちは、パワーコープです。


昨夜はドーフィネの初日とハンマーシリーズの最終日が立て続けの放送でした。
ドーフィネの有力選手はまだ様子見でしたが、ハンマーは内間君と小林君がチームTTでどれだけ頑張れるのか心配でドキドキしておりました。

結論から言えばハンマーのTTは一般公道じゃ無理ですね。
走路幅の広いサーキットでないと今回のような混乱は起きて当り前でしょう。
選手もチーム監督も審判も訳が分からずの展開でまさにカオス。
初開催なので突っ込みどころ満載ではありますが、チーム運営費や選手のサラリーが増えるならなんとか続いて欲しいですね。

さてコレは昨日取り替えたファットバイクのタイヤです。
Image1

普通のダウンヒル用タイヤの倍!
もしも交換が大変ならお持込み下さい。ちゃんとやれば手だけで入ります。
Image1_2

さて当店でも大好評のSACRAサイクリングさんのホィールですが、ニューモデルが発表されました。
_top536625

DT240S及びSAPIMCX-RAYを使用した軽量高剛性のSACRA38mmロードホイールのハイエンド版となります。
チューブレスリムを採用しております。
カラーオーダーは以前と変わらず無料にてお受けしております。
50mm版JXも合わせてご検討頂ければと思います。
何卒よろしくお願い致します。

ラインナップ 
4G-38-JX ロードホイール チューブレス 上代217000円(税込み)
重量:1400g±30g

4G-38-JX ロードホイール チューブラー 上代197000円(税込み)
重量:1200g±30g

4G-50-JX ロードホイール チューブレス 上代217000円(税込み)
重量:1480g±30g

4G-50-JX ロードホイール チューブラー 上代197000円(税込み)
重量:1280g±30g

_top5520325

ハブやらスポーク、色々とバージョンアップしてますが、トピックとしてはチューブレス用が用意された事ですね。
これこそ一番待ち望んでたホィールです。

各社頑張ってもっともっとカーボンチューブレスホィールを出して下さい。


それではまた明日

|

2017年5月 4日 (木)

お勧めお買得ホィール

こんにちは、パワーコープです。

昨日スタート、オダックス千葉さん開催の1000kmブルベは100人超えだそうです。
連休中とはいえ仕事に影響しないのか? なんて心配するのは軟弱者の私。
幸い天気も良さそうですが、睡魔を克服し頑張って下さい。
Img_0456


本日の紹介は出来立てホヤホヤのコレ
アレックス・グローバル・テクノロジー社のホィール
Img_0457


ALX473です。
独自開発のリム専用特殊アルミ合金『EXA』は強度、剛性、耐久性、全てにおいてハイパフォーマンスを発揮します。
Img_0458

ピラーのエアロスポークを2:1スポークレースで組み、スポークテンションを最適化。
踏み出した瞬間から軽量性と剛性を体感できます。
Img_0460


30mmディープ、22mmワイドリムですから、トレンドのワイド化に対応してます。
Image1

リアハブには4つの特殊シールドベアリングを搭載し、滑らかな回転により驚くべきスピードの伸びを体感出来、圧倒的耐久性を誇ります。
7075アルミ製の大径アクスルにより、高負荷でのハブの歪みを排除してます。
Image2


フロントが636g
Img_0462

リアが833g
Img_0464

勿論クイックレバーも付いてます。
Img_0465


アレックスのALX473ホィール
アルミディープ乍ら前後で1469g❗️
Img_0457_2
平地も速く、登りも速い、正しくオールラウンドホィール。
前後セットで¥46.000‼️ 安過ぎでしょう。

それではまた明日

|

2017年4月 1日 (土)

お勧め


こんにちは、パワーコープです。

本日はオダックス埼玉さんの300kmブルベです。
越谷〜日光往復という比較的難易度の低いコースですが、今朝のスタート時は雨降りだったんじゃないでしょうか。
雨が降ってりゃ根性無しの私はDNSだな。
風邪などひかぬように頑張って下さいよ、Y田様、K森様。


本日の紹介はコレ
ノーマークですがお勧めのリムです。
Image1

18.2mm幅のクリンチャーリムです。
Image3


高さは22mmとちょっぴりディープ
Image4


お勧めの理由はこの軽さです。
370g‼️ですよ。軽量リムの中にはスポークテンションを上げられなかったり、座屈してしまうような貧弱品があるんですが、コレはリムのみで上から体重を掛けてもフニャっとしません。
Image5


コレは黒ですが、シルバーもあります。
穴数は20〜32まで揃ってます。
Image1_2
ノーマークですがTNIさんのリムです。

1本¥4.000! 安過ぎ。
手組みホィールの事なら何でもご相談下さい。

それではまた明日

|

2017年3月26日 (日)

再入荷


こんにちは、パワーコープです。

朝からの冷たい雨となってはよほどの猛者以外ノンビリされてるんでしょうね。
本日MTB耐久レースに大挙参加予定の我がチームも勇気ある撤退を選びました。
泥だらけになるのはシクロ同様ですが、MTBレースは危険が付き物です。
無理をして明日からのお仕事に無理がかかってもいけません。アマチュアはほどほどに楽しみましょう。


昨日御来店のK田様から銀座木村屋の5色アンパンを頂きました。
ご存知桜アンパンは148年続く味です。美味しくて5個一気喰いしてしまいました。
コレを持ってお花見というのも乙ですね。
Image

本日はコレが再入荷です。
コレに乗ってお花見というのも乙かな。
サクラサイクリングのカーボンホィールです。専門誌やネットのインプレ記事で絶賛されてるのでご存知の方も多いと思います。
Image_3


シマノの開発担当エンジニアが起こしたサクラサイクリング社はホィールだけじゃなく、ケミカルをはじめ様々なアイデア商品を意欲的に開発しています。
Image_4

見た目じゃ分かりませんが、トレンドの25mmワイドリムで50mm高。
あらゆる解析装置を駆使して最もエアロ効果の高いリム形状を実現してます。
実走の0〜7.5度の風の抜けは大手メーカーを凌駕してます。
この白いラインが標準となります。他カラーでもライン無しでも大丈夫です。
Image_5

ハブはシマノ用もカンパニョーロ用も用意してます。
専門誌で横剛性No.1と判定された様にエアロスポークでガチガチに組まれてます。
Image_6

クリンチャーだけでなくチューブラー用もあり、リム高は38mmも用意されてます。
Image_7


Qレバー、スペアスポーク、リムテープ、ブレーキゴムが付属します。
Image_9

軽さだけのヒルクライム専用じゃなく、剛性の高さを活かしたバリバリ走れるロード実戦用ホィールです。
頑丈なのでトレーニングからレースまで使えますよ。
Image_10
SACRA-Cycling 4G-50-CL
税込で¥136.000です。安過ぎ‼️
ご注文から凡そ3週間でのお渡しとなります。


それではまた明日


|

2017年3月21日 (火)

本日のお仕事


こんばんは、パワーコープです。


冷たい雨の連休明け。細かい仕事を追い込んでいたらすっかり夜になってしまいました。


さて、先日調べてた資料の中に少し前のファッサボルトロチームメンバーバイクのスケルトンが有ったので懐かしく見ておりました。
ピナレロのバックカーボンドグマフレームなんですが、各選手用に全てオーダーで作ってます。
参考までにご覧ください。
まずは怒涛のスプリンター、アレッサンドロ・ペタッキ選手。
184cmでフレームサイズ540mmです。極端な短足ではなく、出来る限り短いヘッドチューブ長にする為のホリゾンタルフレーム設計という訳です。
他社ではスローピングフレームが出ていましたが、ピナレロ社はオーソドックスにホリゾンタルにこだわってたんですね。
シート長540ですが、ちゃんとトップ調は585mmです。どんだけ深い前傾でスプリントを掛けてたんだか。
Image


お次はまだまだ現役のポッツァート選手。
シート長560でトップ長はなんと590mm。確かにポッちゃんは手が長いので分かりますが、凄いですね。
Image_2

最後はオリンピックのTTで有終の美を飾り、惜しまれつつ引退したカンチェラーラ選手です。
まあ、3選手の中では一番当り前の寸法でしょうか。
Image_3


という事で本日はコレを組んでる最中です。
失礼ながらご注文をすっかり忘れていた手組みホイール🙇
Image_4


泣く子も黙るクリスキングハブ
Image_5


泣く子も黙るサピムスポーク
Image_6


泣く子も黙るエンビィの超軽量カーボンリム
Image_7

チューブラーリムでインターナルニップルなので後々振れが出ないようにしっかり組んでおります。
Image_8

手組みホイールの事なら何でもご相談ください。
Image_9


明日の水曜日は定休日です。
宜しくお願いします。


それではまた明後日

|

2017年3月14日 (火)

新入荷

こんにちは、パワーコープです。


貰った数だけ返さにゃならんホワイトデー。大出費であります。
男前はツライねぇ。


本日の紹介はコレ
ロルフプリマ社のホィール、Vigorディスクアルミクリンチャーです。
宣伝もしてないのに口コミだけで販売好調なロルフプリマのホィールですが、専門誌のインプレ記事でも度々高い評価を得ており、まさに通好みのホィールとしての存在を高めてます。
Image


以下ロルフプリマ社について多少説明。
創始者Rolf Dietrich(ロルフ・デートリッヒ)氏が、ペアスポークを思い付き世に問うたのが1990年代前半のこと。当時決戦用ロードレースホイールと言えば、軽量アルミリムに32本のスポークが均等に配置されたホイールが定番でした。しかし後輪にトルクが掛かった状態では、テンションが最も掛かるスポーク(pulling spoke) は主に駆動側。それから研究を重ね、反駆動側のスポークもフルに活用して、このpulling spokeを増やすことができるペアスポークシステムに辿り着いたのです。当初は営業面をトレックに依存してスタートしましたが、5年の契約期間が満了した2001年には、製造から販売まで一貫した、Rolf PRIMA社(ロルフプリマ)という独立会社を米国で立ち上げ、その機にDietrich氏は事業から身を引き、すべて現会社オーナー社長へと引き継がれました。ホイールは全て、オレゴン州ユージーンにある自社工場で、すべてハンドビルドによる少量生産性の会社です。 全米を中心にその技術と実績は高く評価されてきており、その活躍の場は、トライアスロンを中心に、ロード、トラック、シクロクロス、MTBと多岐に亘っています。技術面では、ペアスポークは単なる入口で、ホイールの完成度の高さは、むしろ目立たない数種のパテント技術によって支えられています。 MTB、シクロクロス用(2013モデルより)以外の全てに内装式アルミニップルが採用されていますが、ディープリム用にはジャケットニップル。ロープロファイルの軽量アルミリムにはピボットニップル(自己可変式)。高張力のスポークに耐え、応力の集中を軽減し、ナイロン樹脂を使った緩み止め構造等々、パテントは多数存在します(リリースしたものも含む)。 フロントハブは、左右フランジ間85mmのワイド仕様。また、リアハブフランジは、反駆動側の方がラージサイズになっており、これもペアスポークを支えるロルフプリマ社独自の専売特許となっています。振れが出にくい精度の高さは、ハードユーザーが最も驚かされる点の一つで、随所に考え抜かれた技術の結集によるものです。 社長を含め僅か10数名程度のスタッフ全員が、レースやアドベンチャーを愛するサイクリスト。自分達が開発し、自分達でトライ&エラーを繰り返し、優れたものだけを世に送り出す。だからこそ、皆さんのライドを何より大切に思い、ライダーの期待に応えるよう、献身的に努力を続けています。

剛性と軽さと横風の影響を考えてバランスの良い33ミリ高リムです。
Image_2

説明の様に左右フランジは高さ異なります。
Image_3

エアロスポークのペアシステムで本当に振れが出ません。
今まで販売したホィールは全てノントラブルです。
Image_4


全てアメリカでベテラン職人が組み、サイン入りです。
Image_5


これでもかという程親切なオーナーズマニュアルが付いてます。
Image_6


ロルフプリマ Vigorディスクアルミクリンチャーホィール
Image_7
税込定価¥15.0120です。

明日の水曜日は定休日です。宜しくお願いします。

それまた明後日


|

2017年2月18日 (土)

新入荷


こんにちは、パワーコープです。

思い起こせば39年前の今日、世界で初めてトライアスロンという競技がハワイで行われたんですよ。
覚えてますか?
私は知りませんでしたが。

考えてみればトライアスロンという新しいスポーツのおかげで自転車にも多くの影響がありましたね。
スコットバー(エアロバー)、前乗りフレーム、小径ホイール、エアロフレーム等々でしょうか。
トライアスロン競技が無かったらエアロバーの出現なんか相当遅れたでしょう。
酒場での思いつきで誕生した競技とはいえ、その後のスポーツ自転車界にとっては多大な影響を与える日でもあったのですね。


コレは何でしょう?
分かりますね。クロモリフロントフォークのコラム部分です。
スレッドレス、つまりAヘッド用のコラムです。
Image

このカーボンステムが付いてたんですがクイルステムに交換したいとの事で
Image_2

頑張ってネジを立てました。
Image_3

シルバーのステムとバーに交換して、クロモリに似合うようになりました。
Image_4

さて本日の紹介はコレ
近頃話題?のカーボンホイール
Image_5


SACRAのカーボンホイールです。
桜の葉があしらわれてるように日本のメーカーです。
シマノのエンジニアだった方が立上げたメーカーなんですが、開発はホイールだけにあらずバー、チェーン、ケミカル等意欲な商品を創り出してます。
シマノさんに居られただけあってパーツの解析や分析のレベルは徹底的に行われてます。
ちなみにこのホイールは最新のバイシクルクラブ誌で行われたカーボンホイールの横剛性テストでナンバーワンを獲得してます。
Image_6

クリンチャータイヤ用ですが、もちろんチューブラータイプも有ります。
最新モデルだけあってワイドタイヤ対応の25mm幅です。
さらにリム中央は27mmと膨らんだ構造としてるので、横風でも振られにくいんです。
これもちゃんと解析された上での設計ですよ。
Image_7

エアロスポークでがっちり組まれてます。
また当店調べでは各スポークのテンションの差が殆どありませんでした。
リム自体の精度と強度が非常に高い証拠であり、凄い事ですよ。
Image_8

当然後ろリムのニップル穴はオフセットドリリングされてます。
Image_10

クイックレバー、リムテープ、スペアスポーク、カーボン用ブレーキブロックが付属します。
アルミリム用ブレーキゴムで対応しますが、アルミリムとカーボンリムとを兼用するのはお勧めしません。
Image_11

SACRAさんの事はSACRA-Cyclingで検索すればすぐ分かると思います。
如何にこだわって物作りしてるか分かりますので面白いですよ。
Image_12
熱に強く、横風に強く、剛性ナンバーワン。
SACRAカーボンクリンチャーホイール
前後セット 税込¥136.000です。安過ぎ‼️


それではまた明日


|

2017年2月12日 (日)

本日のお仕事

こんにちは、パワーコープです。

連日強い風に煽られてると、春一番はとっくに吹いたかと勝手に思ってましたが、まだいらしてないんですね。

すでに花粉症の症状が現れてる方もいらっしゃるようですが、これからが本番なんですね。
同情申し上げます。
しかし、他人事ですがマスク市場にとっては有難い季節なんでしょうね。


本日はコレを組んでおりました。
生産終了となったアンブロッシオのクロノF20チューブラーリムをお手持ちの旧デュラエースハブで組みました。
Image

完組ホイールが出てくる前のプロレースではヒルクライムやタイムトライアルで愛用された310gという軽量リムです。
スポークはオーソドックスにDTコンペティションを選びました。
Image_2


そしてもう1組
Image_3

カンパニョーロレコードハブです。
完組ホイールばかりだとカンパニョーロのハブだって無くなっちゃうかもしれないね。
とっくにデュラエースはハブ作ってないし。
Image_4


リムは頑丈さに定評のあるネメシスです。
数年前でもパリ〜ルーベなどのクラシックレースでも使われてましたね。
Image_5

バルブホールにはバランサーが付けられた親切設計で430gです。
完璧な重量バランスをお求めなら1ペア¥4.000で承ります。
スポークはDTのチャンピオンです。
Image_6

手組みホイールの事なら何でもご相談下さい。


それではまた明日


|

2017年1月19日 (木)

緊急確保

こんにちは、パワーコープです。

昨日の定休日は九段のイタリア文化会館で開催されたカンパニョーロ社の新製品発表会とセミナーに出かけておりました。
Image


ホィールが数種類モデルチェンジとなり、分解方法や専用工具の使い方も教えて頂きました。
Image_2

ご存知かもしれませんがコレはリアディレイラーのメンテナンスの目安時期です。
結構小まめなメンテをお勧めしてますね。御参考に。
Image_3

時間があったのでセミナーの前にここに寄ってました。
Image_4

深く深く頭を垂れて手を合わせてきました。
何度も行ってますが、時代の波にのまれてしまった敵味方数多の無辜の民を想うといつも心が震えます。
Image_5

本日の入荷は緊急確保したコレ。アンブロッシオのチューブラーリムなんですが、もしかしたらもしかするかもしれないとの噂で入れておきました。
Image_6


まずはコレ。銘品の誉れ高いネメシスです。
北のクラシックで定番だったリムとして知られてますね。
地獄のような荒れた路面でも安心なプロユースの頑強で信頼性抜群の実戦モデルです。
表面を叩き、サンドを吹き付け、分子を当てる3行程の作業(SILK-DUR)で作られてます。
Image_7

スムースな回転を約束するホィールバランサーが付いてます。
更に完璧なバランスをお求めならゼロ抵抗バランサーを使って完璧に仕上げる事も出来ます。
リム重量は430g。
Image_8

コレは完全に生産終了したクロノF20です。
340gと軽量なので登りでアドバンテージを生かせますよ。
Image_9


コレは普及版のモントリオールです。
安いし頑丈なので私も長い間使ってました。
リム重量は410g
Image_10


同じモントリオールのDUREX
残念ながらモントリオールも生産終了です。
Image_11


手組みのチューブラーホィールは絶滅危惧種か?
Image_12
ネメシスは1本¥16.000
クロノF20は1本¥14.000
モントリオールシルバーは1本¥8.000
モントリオールDUREXは1本¥11.500です。

それではまた明日


|

より以前の記事一覧